全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここで気になる記事でも覗いてみてゆっくり過ごして行ってくださいヽ(`・ω・´)ノ

吉田輝星の名前の読み方は?投球スタイルがあの大物投手にそっくり!

 







この記事を書いている人 - WRITER -

今年も高校野球が盛り上がっていますが、

一番盛り上がっているといえば、金足農業高校の吉田輝星投手ですよね。

 

でも彼の名前、何て読むんでしょうかね。

星が輝いていますが、、、

 

気になったので、ここでは吉田選手の名前の読み方のご紹介と、

彼のピッチングの魅力についてもご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

吉田輝星のちょっとしたプロフィール・名前の読み方について

 

生年月日 2001年1月12日
身長 / 体重 176㎝ / 81Kg
投打 右投げ右打ち
名前 吉田輝星(よしだ こうせい

 

名前の読み方は、輝く星と書いて「こうせい」と読みます。

一瞬「キラキラネーム」か?

とも思いましたが、別にそんな事はありませんよね←

 

今はほんとその名の通り、輝く星のように注目を浴びていますよね!

 

 

スポンサーリンク

投手としての特徴・魅力について

 

吉田投手のピッチングを見ていると、

そこまで変わった投球フォームでもないですし、

オーソドックスな右上手投投手ですね。

 

そして投球フォームを見ていると、現在東北楽天ゴールデンイーグルスに所属している、

則本昂大選手に似ているなーと感じました。

 

出典:楽天イーグルス

 

というか、彼は憧れの野球選手として則 本選手を挙げているそうですね!

もしかしたら投球フォームも則本選手を意識してるんじゃないかと思います。

 

関連サイト:速いストレート エグいカーブ 楽天 則本昂大 ブルペン投球練習(ストレート カーブ スライダー)Takahiro Norimoto

 

関連サイト:吉田輝星 金足農業 4試合連続2桁奪三振! 準々決勝:対近江【18夏甲子園】

 

 

 

球速はMAX151km/hで、そこにカットボール・縦に落ちるスライダー・スプリット・カーブを投げます。

さらにこの前の横浜高校戦では、164球を投げており、スタミナ面も申し分ありませんね。

 

先発完投型のストレートの速い魅力的な投手ですよねヽ(`・ω・´)ノ

 

 

そんな中、個人的に凄いなーと思うところがあって、

それがコントロールの良さですね。

 

 

だいたいはキャッチャーの構えたところにボールがいっています。

 

前回の横浜高校戦でも9回の投球では150球以上投げているのに、

コントロールのばらつきはほとんど見られませんでした。

 

 

このコントロールの良さはプロでも通用しそうですよね!

 

 

スポンサーリンク

心配事として・・・

出典:Number Web

 

吉田投手は甲子園1回戦から前回の近江戦まで全て一人で9回を投げ抜いています。

ここまで4試合で36イニングを投げ、投球数は615球にも及びます。

 

ここまで吉田投手以外の投手は1球も投げていません。

 

 

こんな状態で8/20の準決勝戦もおそらく先発完投をさせるのかと思いますが、

疲労で身体が壊れる可能性も十分あります。

 

 

これからプロにも進んでいくと思いますし、

プロ入り前に肩や肘の故障はしてほしくありませんからね。

 

監督さんも準決勝は継投を考えた方がいいと思います。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

 

いかがだったでしょうか。

今回は金足農業学校の吉田輝星選手について取り上げました。

 

 

明日、準決勝・日大三高との試合がありますが、

ここまでの投球数でさすがに疲れも溜まっているはずです。

 

 

どこまでのピッチングができるか大いに注目したいところですね。

 

 




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です