全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここで気になる記事でも覗いてみてゆっくり過ごして行ってくださいヽ(`・ω・´)ノ

トレバー・バウアーの球速や球種・過去の成績についてもご紹介!

 







この記事を書いている人 - WRITER -

大物メジャーリーガーのトレバー・バウアー選手について取り上げます。

 

 

ここではバウアー選手の球速や球種・コントロールの特徴について、また過去の成績についてもご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

トレバー・バウアーの球速や球種・コントロールの特徴について

 

バウアー選手の球速や球種・コントロールの特徴についてご紹介していきます。

 

球速

 

バウアー選手のストレートの最速は98.8マイル(159km/h)です。

これは2017年に記録しており、今年の最速は98.1マイル(157.8km/h)でした。

 

 

非常に綺麗なフォーシームでストライクゾーン四隅ギリギリだったり、高めギリギリのストライクゾーンに投げ込むことができます。

今年もストレートで48個の三振を奪えているんです。

今年の合計の三振数が100個だったので、ほぼ5割がストレートでの三振ということになりますね。

 

球種

 

変化球の持ち玉はスライダー・カットボール・カーブ・チェンジアップ・ツーシームです。

 

今シーズンはこの中でもスライダー・カットボール・カーブを主に投げていました。

チェンジアップとツーシームは十数球しか投げていませんでした。

 

どの変化球も被打率が非常に低く、一番高い被打率でもカットボールの.200でした。

 

三振を多く奪ったのがカーブで、かなりの変化量を見せます。

平均球速も83.5マイル(134.3km/h)ですのでストレートとの球速差がかなりありますね。

 

コントロール

 

  • 今シーズンは73回を投げて与えた四球が17個(四球率=2.96)
  • メジャー通算でも1190回を投げて与えた四球が454個(四球率=3.43)

 

 

ということでコントロールはなかなか良いですね。

先ほどもご紹介しましたが、ボールをストライクゾーン四隅ギリギリに投げて三振を取ることができる投手です。

カーブも基本的に低めに投げて三振を奪っていますし、ストレートは力を活かして高めで三振を奪うこともできます。

 

自分の持っている球種を自在にコントロールすることができる投手と言って良いと思います。

 

スポンサーリンク

トレバー・バウアーの過去成績について

 

ここからはバウアー選手の成績についてご紹介していきます。

 

2020年メジャー成績

試合数 イニング 奪三振 四死球 防御率
11 5 4 73 100 20 1.73
WHIP BABIP HR/9 被打率
0.26 .215 1.11 .159

 

メジャー通算成績

試合数 イニング 奪三振 四死球 防御率
205 75 64 1190 1189 517 3.90
WHIP BABIP HR/9 被打率
1.26 .294 1.07 .233

 

 

\プロ野球・メジャー観るならDAZN!/

月額1750円で野球を含む130以上のスポーツコンテンツが見放題!

 

初回登録で1ヶ月無料トライアルもあります。

 

もちろん無料トライアル期間中に解約もできるので、安心です。

 

 

DAZN公式サイトはこちら!

 

 

 

※DAZNの詳しい登録方法や解約方法についてはこちらをご参照ください。

 

 

スポンサーリンク

「トレバー・バウアーの球速や球種・過去の成績についてもご紹介!」まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は「トレバー・バウアーの球速や球種・過去の成績についてもご紹介!」について取り上げました。




この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© りょうさんの部屋 , 2020 All Rights Reserved.