全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここで気になる記事でも覗いてみてゆっくり過ごして行ってくださいヽ(`・ω・´)ノ

新生活様式とは何なの?内容は?世間の評価も調べてみた【コロナ】

 
新生活様式 なに 内容 中身 世間の評価 コロナ







この記事を書いている人 - WRITER -

コロナの影響で全国的に色々な自粛が続いていますがみなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

緊急事態宣言も延長の方向でほぼ確定という話も出ていますが、そんな中で世間では新しく「新生活様式」という言葉が注目を浴びています。

 

そこでここでは

ビックリマーク
ビックリマーク

・「新生活様式」って何なの?

・内容とは?

・世間の評価について

 

こちらについてご紹介してきます。

 

スポンサーリンク

 

「新生活様式」ってなに?

 

そもそもこの言葉、いつから出始めた言葉なのでしょうか?

これは本日5月4日の午前中に西村康稔経済再生担当相が提言した言葉なんですね。

今日生まれた新しい言葉ってことですね。

 

 

なんか今日の午前中に新型コロナウイルスの対策に関する専門家会議が行なわれたみたいですよ。

そこで西村さんが今回のコロナ対策と経済活動を両立させる上で提言したのがこの「新生活様式」なんですね。

 

 

コロナが流行る前までとは違った生活のスタイルを新しく実行していくべきだと仰っているわけです。

 

 

ここからは具体的なその中身について見ていきます。

 

スポンサーリンク

「新生活様式」の中身について

 

では「新生活様式」の中身って一体どうなっているのでしょうか。

以下Yahoo!ニュース記事の引用になります。

 

(1)一人ひとりの基本的感染対策
■日々の暮らしの感染対策
・外出は、マスクを着用する。遊びにいくなら屋内より屋外を選ぶ。
・人との間隔は、できるだけ2m (最低1m)空ける。
・会話をする際は、可能な限り対面を避ける。
・家に帰ったらまず手や顔を洗う。できるだけすぐに着替える、シャワーを浴びる。
・手洗いは30秒程度かけて水と石けんで丁寧に洗う(手指消毒業の使用も可)。

※高齢者や特病のあるような重症化リスクの高い人と会う際には、体調管理をより厳重にする。

■移動に関する感染対策
・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える。
・帰省や旅行はひかえめに。出張はやむを得ない場合に。
・発症したときのため、誰とどこで会ったかをメモしたり、スマホの移動履歴をオンにする。
・地域の感染状況に注意する。

 

(2)日常生活を営む上での基本的生活様式
・まめに手洗い・手指消毒
・咳エチケットの徹底
・こまめに換気
・身体的距離の確保
・「3密」の回避(密集、密接、密閉)
・毎朝家族で体温測定、健康チェック。発熱又は風邪の症状がある場合はムリせず自宅で療養
・屋内や会話をするときは、症状がなくてもマスクを着用

 

(3)日常生活の各場面別の生活様式
■買い物
・通販も利用
・1人または少人数ですいた時間に
・電子決済の利用
・計画をたてて素早く済ます
・サンプルなど展示品への接触は控えめに
・レジに並ぶときは、前後にスペース

■娯楽、スポーツ等
・公園はすいた時問、場所を選ぶ
・筋トレやヨガは自宅で動画を活用
・ジョギングは少人数で
・すれ違うときは距離をとるマナー
・予約制を利用してゆったりと
・狭い部屋での長居は無用
・歌や応援は、十分な距離かオンライン

■公共交通機関の利用
・会話は控えめに
・混んでいる時間帯は避けて
・徒歩や自転車利用も併用する

■食事
・持ち帰りや出前、デリバリーも
・屋外空間で気持ちよく
・大皿は避けて、料理は個々に
・対面ではなく横並びで座ろう
・料理に集中、おしゃべりは控えめに
・お酌、グラスやお猪口の回し飲みは避けて

■冠婚葬祭などの親族行事
・多人数での会食は避けて
・発熱や風邪の症状がある場合は参加しない

 

(4)働き方の新しいスタイル
・テレワークやローテーション勤務
・時差通動でゆったりと
・オフィスはひろびろと
・会議はオンライン
・名刺交換はオンライン
・対面での打合せは換気とマスク

※業種ごとの感染拡大予防ガイドラインは、関係団体が別途作成予定

 

出典:Yahoo!ニュース

 

まあ色々と書いてあるのですが、もうみなさん気づいていらっしゃる方も多いと思いますが、

これって今まさに私たちがやっている事ばっかりですよね。

 

 

4月7日に7都府県に緊急事態宣言が出された時によくお願いされた内容です。

というか手洗いうがいなんてコロナ問題関係無く小学生でも当たり前の様にやっている事です。

これをわざわざ「新生活様式」の中に含めなくても良い気はしますけどね笑

 

 

でもまあ他の県への移動制限だったり、買い物するのも一人でだったり、公共交通機関利用時には静かにしておくだったりリモートワークの推奨だったり・・・。

 

などなどをこれから主流にしていく必要があると言いたいわけですね。

これはどうなんでしょう。。。生活スタイルを今までとは変えていかないとコロナには太刀打ちできないと言いたいのでしょうか?

 

 

おそらく今日の夕方から安倍首相が会見をする際にこの「新生活様式」にいてなんらかなの言及があるかとは思いますが、もしこれを国民にお願いするとなってもあまり賛成して貰えないよな気がしますね(´-ω-`)

 

ちなみに私も反対です。なんだか普通に生活するだけで疲れそう。

 

スポンサーリンク

世間の評価は大不評!

 

この「新生活様式」に関して世間の評価はかなり否定的で大不評です。

まあ当然っちゃ当然ですけどね。

その一部をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は「新生活様式」について取り上げました。

 

この新しいライフスタイルの実施を私たちにお願いするとは思うのですが、ただただお願いするだけでは国民は納得しないかと個人的には思います。

 

 

この様式を取り入れることで1ヶ月後にはどれくらいの感染者数を抑えられて死者数を減らせられるのかって言うのを具体的に説明して貰えないとなかなか難しいのではないでしょうか。

 

 

かなり細かく設定されてありますがこんなのとてもじゃないですけど全て実践できないですよ(´-ω-`)

ただそれでも「よし、協力しよう!」と少しでもやる気にさせてくれる何かを政府にはもっと私たちに与えてくれないと困りますね。

 




この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© りょうさんの部屋 , 2020 All Rights Reserved.