全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここで気になる記事でも覗いてみてゆっくり過ごして行ってくださいヽ(`・ω・´)ノ

佐藤愛香の現在や職業は何をしている?川澄奈穂美との友情秘話って?

2019/02/10
 







この記事を書いている人 - WRITER -

2月10日に放送される「消えた天才」で取り上げあられる佐藤愛香さんについて取り上げます。

 

女子サッカー選手の川澄奈穂美さんが小中高時代に衝撃を受けた天才ゴールキーパーとして紹介されています。

 

ここでは佐藤さんの現在や職業は何をしているか、また川澄奈穂美さんとの友情秘話についてもご紹介していきます。

 

佐藤愛香のちょっとしたプロフィール

出典:SOCCERKING

出身地 神奈川県大和市
生年月日 ???(現在33歳or34歳)
所属団体 神奈川県聴覚障害者連盟

 

「大和市立中央林間小学校」に入学し、ここで川澄さんと出会うことになります。
そして川澄さんに誘われて地元の少女サッカーチーム「林間SCレモンズ」に入団します。
小学6年生の時には清水カップで優勝を経験しています。

 

 

佐藤さんは生まれて間もなく聴覚に障害を抱えることになり、
小学生でサッカーをやっていた時からすでに補聴器を付けてプレーしていました。

 

 

その後は中学・高校でも川澄選手と同じサッカーチーム「大和シルフィールド」に6年間在籍・プレーしていました。
この「大和シルフィールド」という女子サッカーチームは佐藤さんが中学生の頃に出来たチームで最初の監督は佐藤さんのお父様でした。

 

 

高校3年のときに「ティファール・カップ レディース・フットサル大会 (後の全日本女子フットサル選手権大会)」というフットサルの大会で全国優勝を経験しています。

 

 

高校卒業後の佐藤さんはその後、アニメ関係の専門学校に進学。
卒業後は障害者枠で一般企業に就職しました。
この専門学校進学から一般企業就職までの間はサッカーからは離れていました。

 

そんな時に、後にろう者サッカー日本代表で共にプレーする首藤麻衣さんから「ろう者サッカー女子日本代表」の話を聴き、
「ゴールキーパーがいないからおいでよ!」と誘われ代表入りすることになりました。

 

 

2009年、佐藤さんが24才の時にろう者サッカー日本代表として「第21回デフリンピック」に初出場しています。
デフリンピックとは4年に1度、世界規模で行われる聴覚障害者のための総合スポーツ競技大会です。

出場国は日本含め8ヶ国でした。

 

グループA:アメリカ・南アフリカ・ドイツ・デンマーク)
グループB日本・タイ・イギリス・ロシア)

 

・試合結果

第1戦・vsイギリス 1-6 敗北
第2戦・vsロシア 0-10 敗北
第3戦・vsタイ 5-0 勝利 (日本はグループBで3位になる)

第4戦・vsデンマーク(グループA3位) 1-2 敗北

 

結局日本は出場国8ヶ国で6位という成績でした。

 

さらに4年後の2013年にも佐藤さんはデフリンピックに出場しています。

 

スポンサーリンク

佐藤愛香の現在について

 

佐藤さんの現在は何をしているのでしょうか。
「消えた天才」の紹介欄によるとサッカーを続けられなかったと記載があります。
現在はサッカーはやっていないのでしょうか。

 

 

調べると現在はサッカーはやっておらず、日本ろう者サッカー協会の理事として後方支援に回っているとの事です。

 

ただ内容が不確かな者なので、こちらに関して詳細はまた後日追記しようと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

佐藤愛香と川澄奈穂美との間にあったの友情秘話とは?

 

小学生の頃から仲が良くて10年間サッカーを一緒にプレーしてきた佐藤さんと川澄さん。
お二人の間にあった友情の秘話とは何だったのでしょうか。

 

 

こちらに関しても当日の消えた天才を確認した後に改めて追記しようと思います。

 

追記

川澄さんがW杯で大活躍する前に佐藤さんが先に大舞台で活躍していました。

 

その事は川澄さんも分かっていたそうで、「彼女が聴覚に障害があるのにも関わらずにそれを言い訳にせずに頑張ってる姿を見たからこそ私もW杯で活躍できた」と話していました。

 

川澄さんが小学校の時に佐藤さんをサッカーに誘ったおかげで佐藤さんがろう者サッカーで世界大会に出場し、それを見て刺激を受けた川澄さんが2011年のW杯で活躍できたんですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は消えた天才で取り上げられる佐藤愛香さんについてでした。

 

まだ内容が不足している項目がありますので、そちらに関しては当日の「消えた天才」を確認した後改めて追記いたします。




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です