全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここで気になる記事でも覗いてみてゆっくり過ごして行ってくださいヽ(`・ω・´)ノ

ライアン・クックってどんな選手?球速や球種などの特徴について

 







この記事を書いている人 - WRITER -

巨人が獲得調査をしている新外国人投手、ライアン・クック選手について取り上げます。

 

ここではクック選手がどんな選手なのか、
球速や球種などの選手の特徴について調べましたのでご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ライアン・クックのちょっとしたプロフィール

出典:ツイッター

出身地 アメリカ
生年月日 1987年6月30日
身長 / 体重 188cm / 97kg
投球打席 右投げ右打ち
ポジション 投手
経歴 ダイヤモンドバックス→アスレチックス→レッドソックス→マリナーズ

 

2008年のMLBドラフト27巡目(全体828位)でアリゾナ・ダイヤモンドバックスから指名されてプロ入りしています。
ドラフト時は期待値はそれほど高くなかったんですね。
メジャー初昇格は2011年の7月20日のブルワーズ戦でした。

 

 

同じ年のオフにトレードでアスレチックスに移籍します。
良く年2012年と2013年シーズンはクック選手のとってはキャリア最多となる71試合に登板しています。
この2年間はアスレチックスのセットアッパーとして最高のシーズンを過ごしていました。

 

2012年:71試合登板・6勝2敗14セーブ21ホールド・防御率2.09
2013年:71試合登板・6勝4敗2セーブ23ホールド・防御率2.54

 

 

しかし2015年のシーズン途中でトレードでレッドソックスに移籍します。
レッドソックスでは5試合に登板して防御率が27.00でした。

 

 

2016年以降は怪我にも苦しめられてメジャーでの登板はありませんでした。
この年にトミージョン手術を受けています。

 

 

今年は怪我から復帰してメジャーで19試合に登板、2勝1敗、防御率5.29でした。

 

メジャー通算成績

試合 セーブ ホールド 奪三振 防御率
236 15 13 17 58 233 3.58

 

メジャーでの実績は十分に持ち合わせているピッチャーですね。
巨人はマシソン選手が年齢的にもセットアッパーはきついと判断しての中継ぎの補強として調査しているんでしょうね。

 

 

確かに補強ポイントとしては合っていると思いますが、若手に任せてもいい様な気はしますけどね(´-ω-`)

今年の巨人の補強は一段とすごいですよね。
原監督が復帰してから補強がとてつもないことになっています。
もしこのクック選手を獲得するとしてもかなりのお金をつぎ込むでしょうからね。

 

スポンサーリンク

ライアン・クックの球速や球種などの特徴について

 

まずはクック選手のピッチング動画をご覧ください。

 

 

まず球速ですがストレートのマックスは全盛期の頃で155km。
しかしトミージョン手術を受けているので以前の様な球速からは若干落ちています。
それでも怪我からメジャー復帰した今シーズンはストレートが最速153kmを計測していますから、
ストレートに関しては日本でも十分に通用しそうですよねヽ(`・ω・´)ノ

 

 

そして変化球ですが、ツーシーム・スライダー・チェンジアップを投げるみたいですね。
といってもチェンジアップはほとんど投げておらず、ごくたまに投げる程度ですね。

セットアッパーを務めていた2012年・2013年は
約70%がストレートで、スライダーが28%、チェンジアップが2%でした。

この比率は怪我から復帰した2018年シーズンも変わりありません。

 

 

さらにクック選手は三振を多く奪える能力があります。
メジャー通算で224イニングを投げていますが、奪った三振が233個!
イニング数を上回る三振を奪っています。
三振を奪う能力が高いのは良いですよねー!
150km以上のストレートにキレの良いスライダーですから打者は翻弄されますよね`‐ω‐´)

 

コントロールに関してですが、そんなめちゃくちゃ悪いわけではない様です。
BB/9の数字を見ている限りでは悪い数字ではありません。
(メジャー通算224イニングで96個・BB/9 3.86)

 

中継ぎ投手の場合のBB/9ってどう言う風に見たらいいんでしょうか?
クック選手のこの数字って言うのは良いのか悪いのか正直分からないんですよね←

普通と評して良いのでしょうか?

とりあえず!コントロールに関しては決してめちゃくちゃ悪いわけではないです!

 

スポンサーリンク

注意したい点

 

巨人はおそらく、このまま獲得するとは思うのですが、先ほども書いた通りクック選手はトミージョン手術を受けて今年が復帰して1年目のシーズンでした。

なので日本に来たとしても、まともに投げれるかどうかが重要点となってきます。

 

 

現エンジェルスの大谷翔平選手も今年のオフにトミージョン手術を受けて、来シーズンは投手として起用されることはありません。
それほどトミージョン手術と言うのは投手にとっては重要なもので、手術を受けてそのままリハビリがうまくいかずに消えていった選手もたくさんいます。

 

 

クック選手は今年19試合に登板してある程度投げれたとは思いますが、
これから先がどうなるかわかりません。

年齢も今年31歳と、決して若い年齢ではないので心配といえば心配ですよね(´-ω-`)

 

 

セットアッパー務めていた頃のピッチングが巨人で出来るかどうか
まだ入団が確定したわけではありませんが、注目ですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回はライアン・クック選手について取り上げました。

 

 

まとめますと・・・

  • マックス153kmのストレートを投げる中継ぎ投手
  • 2012年、2013年は2年連続で70試合以上登板した実績あり
  • 奪三振能力が高い
  • コントロールは決して悪くはない
  • トミージョン手術明けでまともに投げれるかどうか

 

と言うことでした。




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です