全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここで気になる記事でも覗いてみてゆっくり過ごして行ってくださいヽ(`・ω・´)ノ

RIZIN.40はどこで視聴できる?視聴料やチケット料・キャンペーン内容まとめ

2022/12/28
 

この記事を書いている人 - WRITER -

2022年12月31日(土)より、 RIZIN.40が開催されます。

 

ここではRIZIN.40はどこで視聴できるのか、PPVチケットや視聴料の値段はいくらなのか、キャンペーンは何をやっているのかについてまとめています。

 

スポンサーリンク

 

RIZIN.40はどこで視聴できる?

 

RIZIN.40は「abemaTV」にて配信されます。

ABEMA

 

また「U-NEXT」でも配信されますよ。

U-NEXT公式サイトはこちら

 

PPVチケット・視聴料を安く買う方法とは?

 

2つのVODにて配信されると言う事ですが、abemaではPPVチケットを購入する事で、
U-NEXTでは視聴料を課金する事で見る事ができます。

それぞれPPVチケット・視聴料を安くする方法はあるのでしょうか。
こちらについて調べてみました。

 

abemaTVの場合

 

abemaTVにてPPVチケットを購入して視聴するのですが、
abemaのプレミアム会員の方はPPVチケットが通常の28%OFFで購入することができます。

・一般会員

  • 前売りチケット・・・4,800円/税込(4,000コイン)
  • 当日チケット・・・5,280円/税込(4,400コイン)
  • アーカイブ・・・3,000円/税込(2,500コイン)

 

・プレミアム会員

  • 前売りチケット・・・4,320円/税込(3,600コイン)
  • 当日チケット・・・4,752円/税込(3,960コイン)
  • アーカイブ・・・2,700円/税込(2,250コイン)

 

アーカイブは2023年1月1日0:00〜配信となります。

 

さらに、今abemaではプレミアム会員登録をしてRIZIN.40のチケットを購入した人全員に500円のキャッシュバックのキャンペーンを開催しています。
これを適用させるとプレミアム会員の前売りチケットが実質3,820円で購入できると言うことになりますね。

一般会員でチケットを買うより980円もお得に購入することができます。

※ちなみにこのキャンペーンに関してabemaプレミアムに再登録の人も適用されますので、再登録してからPPVチケットを買うことで500円キャッシュバックされます。

しかし注意点として、並行して開催されている「2022-23年ABEMAお年玉キャンペーン」の対象になっている方は、この500円キャッシュバックの対象外になるので注意してください。


前売りチケットは12/27現在でもまだまだ販売中です!

ABEMA

220925_超RIZIN

 

U-NEXTの場合

 

一方でU-NEXTでもRIZIN.40の配信があり、

  • 前売りチケット・・・4,800円/税込
  • 当日チケット・・・5,280円/税込
  • アーカイブ・・・3,000円/税込

 

このようになっているのですが、U-NEXTでは専用ページから月額プランに新規登録(31日間無料トライアル有り)した方全員に1,500ポイントが付与されるキャンペーンを開催しています。
このポイントはRIZIN.40の視聴料に充てることができますので、前売りだと3,300円で視聴することが出来るわけですね!

ただしこのポイント付与はU-NEXTに再登録の人は対象外なので、
まだU-NEXTに登録した事がない人に限られます。

 

U-NEXTの月額プランは2,189円(税込)なのですが、新規の方は31日の無料が適用されるので、
無料期間内に解約すれば月額料金は一切かかりません。

なのでRIZIN.40の視聴料3,300円だけで良いわけですね。

U-NEXT公式サイトはこちら

 

どっちで見るのが安く済むの?

 

こちらに関してですが軽くまとめてみました

  • 過去にU-NEXTに登録した事がある人・・・abemaTV
  • U-NEXTに登録した事がない人・・・U-NEXT

こうなると思いますね、U-NEXT再登録の人は1,500ptが付与されないので視聴料が前売りで4,800円になってしまいます。
abemaの方でPPVチケットを買う方が安いですよね。

ABEMA

 

一方でU-NEXT新規登録の人は1,500ptを使って3,300円の課金で済むのでU-NEXTの方が安いですね。
abemaだとキャンペーンを適用させても3,820円かかりますからね。

U-NEXT公式サイトはこちら

対戦カードについて

 

  • ホベルト・サトシ・ソウザ(ブラジル) vs A.J.マッキー(アメリカ)
  • クレベル・コイケ(ブラジル) vs パトリシオ・ピットブル(ブラジル)
  • キム・スーチョル(韓国) vs フアン・アーチュレッタ(アメリカ)
  • 扇久保博正(日本) vs 堀口恭司(日本)
  • 武田光司(日本) vs ガジ・ラバダノフ(ロシア)
  • 伊澤星花(日本) vs パク・シウ(韓国)
  • スダリオ剛(日本) vs ジュニア・タファ(オーストラリア)
  • 井上直樹(日本) vs 滝澤謙太(日本)
  • 元谷友貴(日本) vs ホジェリオ・ボントリン(ブラジル)
  • 所英男(日本) vs ジョン・ドッドソン(アメリカ)
  • “ブラックパンサー”ベイノア(アメリカ) vs 宇佐美正パトリック(日本)
  • ジョニー・ケース(アメリカ) vs 大尊信光(日本)
  • 鈴木千裕(日本) vs 中原由貴(日本)
  • YUSHI(日本) vs 中澤達也(日本)
  • 平本蓮(日本) vs Secret Fighter (当日発表)

 

試合順はまだ分かっていませんが、この15試合が行われます。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 1st room , 2022 All Rights Reserved.