全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここで気になる記事でも覗いてみてゆっくり過ごして行ってくださいヽ(`・ω・´)ノ

【パリコレ学】アンミカに不快・厳しすぎると大不評!世間の声をまとめてみた

2019/05/30
 







この記事を書いている人 - WRITER -

毎週日曜日に放送している「林先生の初耳学」というテレビ番組のコーナでパリコレ学についてです。

 

 

結構注目度の高いコーナーとなっているようですが、
どうやら一部視聴者の間では「不快だわ」「あのシーンとした雰囲気が嫌い」「つまらない」というパリコレ学自体にあまり良い印象を持っていない方もいらっしゃる様です。

 

 

中には「これってどこが初耳学なの?」という方も。

確かにこれに関しては筆者も疑問に思いましたけどね笑
初耳学って世間が知らなさそうな雑学を出して林先生がそれを知っているか初耳か決める番組ですよね。

 

 

でもパリコレ学はなんだか番組のコンセプトに合ってない感じしますよね。

 

 

林先生が解説する事全くなくて本当に別物感満載です笑

 

 

またパリコレ学はアンミカ先生のモデルに対する強烈な発言が1つ注目されていますが、
それが「厳しすぎる」「見ててキツい」と批判も殺到しています。

 

 

なのでここではパリコレ学に対する世間の声のまとめについてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

パリコレ学・アンミカのコメントが厳しすぎると批判殺到

 

パリコレ学はアンミカ先生のモデルに対する強烈なコメントが1つ見物っちゃ見物となっていますよね。

 

 

しかしアンミカ先生の発言でその場の空気が凍ってしまい、テレビで見ている視聴者側にもその緊張感がリアルに伝わってきてしまい「見るのが嫌になった」「あの空気感が嫌だ」という意見もたくさん出ています。

 

 

まあ、確かにアンミカ先生は直球をどんどん放り込んできますよね。
ましてやそれを言われたモデルはテレビで晒されるわけですから心折れてしまうと思いますし、
場の空気も凍りつきますよね。

 

 

来週の放送ではあるモデルに対して「レベルが低い」「ただダサい」という165kmの直球を放り込んでます笑

 

 

ここまで来るとモデル側にも少し問題があるのかなとも思いますけどね(´-ω-`)←

 

 

関西弁なのも・・・

 

さらに個人的に思ったのはアンミカ先生は韓国生まれですが大阪育ちなんですよね。
なのでものすご〜く流暢な関西弁を喋りますよね笑

 

 

関西弁の喋りは普通に喋っていても「怖い」「キツい」と捉えられがちです。

 

 

確かパリコレ学のどこかの回でアンミカ先生がモデルさんに対して物凄く濃い関西弁を喋っていた時ありましたよね?

 

 

筆者も関西出身で、その回を見ていたのですが「うわーものっすご関西弁丸出しやん・・・笑」って思いました。

 

 

発言している内容もキツい上に関西弁なので余計に圧を感じてしまうんですよね。

 

個人的には・・・

 

でも筆者はこのパリコレ学2期を最初から見ているのですがアンミカ先生って確かに厳しいコメントをしますがその後のアフターフォローって言いますか、そういうのちゃんとありますよね。

 

 

例えばファッション審査でモデルのコーディネートがボロボロでめちゃくちゃダメ出しをしますけど、
番組収録後にはそのモデルの良さを活かした別のコーディネートを提供するところ、ありますよね。

 

 

ああいう「決して見捨ててないよ、また次頑張りなさい」的なところを持ち合わせているように感じますので、個人的にはそこまで不快には感じませんでしたね。

 

 

確かにダメ出しした直後のあの空気感は嫌ですけどね笑

 

 

パリコレに出場した経験のあるアンミカ先生だからこその指導なのかなとは思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は林先生の初耳学からパリコレ学について取り上げました。

 

 

パリコレ学については当サイトでもいくつか記事を書いていますので、よければそちらもご覧になってくださヽ(`・ω・´)ノ

 

 




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© りょうさんの部屋 , 2019 All Rights Reserved.