全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここで気になる記事でも覗いてみてゆっくり過ごして行ってくださいヽ(`・ω・´)ノ

太田流星(札幌大谷)の球速や球種の特徴は?プロスカウトからの評価も気になる!

 







この記事を書いている人 - WRITER -

札幌大谷の太田流星選手について取り上げます。

 

 

今、春の選抜高校野球が行われていますが札幌大谷は甲子園初出場となります。
そんな中で背番号17をつけた3年生の太田流星投手が1回戦の米子東戦に先発して1失点完投勝利をあげました。

 

 

サブマリン投法に近いサイドハンド投球で注目を集めましたが、ここではそんな太田選手の

 

  • プロフィール
  • 球速や球種などの特徴について
  • 今秋のドラフトでプロ入りはあるか

 

 

について調べましたのでご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

太田流星のちょっとしたプロフィール

 

出身地 北海道
生年月日 2001年4月9日
身長 / 体重 173cm / 76kg
投球打席 右投げ右打ち
ポジション 投手
経歴 札幌大谷中学校→札幌大谷高等学校

 

今でこそ投手として活躍していますが、実は最初は外野手としてプレーしていたんです。

 

中学生の時に投手を希望していた太田選手でしたが、当時の大谷中学で投手希望が20人以上もいたんだそうです!
あまりにも倍率が高すぎたため、最初は外野手としてプレーしていたそうですが、
中学2年生の夏まで公式戦には一度も出場していませんでした。

 

 

2年生の秋になって「投手がやりたい」と監督に直訴し、投手に転向しました。

 

 

同い年のエース・西原健太選手がいる中で
「自分は何ができるか」と考えた時に「自分はサブでもいいから目線を変えられる様に」と横手投げをすると言う事を思い付いた太田選手。
そこから投手としての練習を始め、「外野手だった時よりもキツい」と話していた練習を地道に積み重ねた事で今の太田選手があるんですね。

 

 

エースナンバーこそつけていないものの、西原選手が不調の時には「第二のエース」として先発投手を任される様になるまで成長しました。
これまでの頑張りが今回、甲子園の1回戦で先発を任されると言う好結果に繋がったと思うと太田選手の頑張りは素晴らしいですよねヽ(`・ω・´)ノ

 

 

明日、3月29日に札幌大谷は二回戦を戦うわけですが、また太田選手の先発があるかもしれませんね!

 

スポンサーリンク

太田流星の球速や球種などの特徴について

 

太田選手の球速や球種などの特徴にいてご紹介していきます。

 

球速

 

甲子園1回戦の米子東戦ではストレートの最速は126kmでした。
サブマリン投法に近いサイドハンドからの投球フォームなので球速はあまり出ていません。

 

 

ストレートは球速で勝負するよりもコーナーをついていくタイプの投手だと思います。

 

球種

 

変化球はスライダー・カーブ・シンカー・シュートを投げます。

 

特にシュートはストレートとほぼ同じ球速から右バッターのインコースに食い込んできますので非常に厄介なボールとなっていますね。
右バッターにも左バッターにも逃げるボールが投げれますので投球の幅が広がりますよね。

 

 

カーブは滅多に投げていませんでしたが、100kmを下回るほどのスローカーブで緩急をつけられるのも強みです。

 

 

三振は多く奪えるタイプではありませんが打たせて取るのが得意のピッチャーです。

 

 

コントロール

 

先日の登板を見た限りだとコントロールはあまり良くなさそうです。

米子東戦では完投していますが合計で6個の四死球を出しています。

 

 

ただこの日の太田選手は監督によれば調子は良くなかったとの事です。
なので逆に言えば調子がよければこの四死球の数にも変化があったと言う事ですよね。
さらにもっと言えば本調子でなかったにも関わらず4安打1失点の完投が出来ると言う事で投手としてのレベルの高さも伺えます!

 

スポンサーリンク

太田流星に対するプロスカウトの評価は?

 

太田選手に対するプロスカウトの評価はどれくらいのものなのでしょうか。

 

これに関して調べてみましたがまだ情報がありませんでした。
恐らくですが明日の試合で好成績を残すとプロスカウトからも注目され始めるんじゃないでしょうか。
まあ太田選手が明日先発するのかどうかも現段階では分かってはいませんが。

 

 

また太田選手自身が高校卒業後にプロへ進むのか進学するのかどうかも分かっていません。
ただ個人的にはアンダーハンド投手がプロの世界で一人でも多く存在して欲しいと思っていますので太田選手には是非NPBの世界に足を踏み入れて欲しいと思いますヽ(`・ω・´)ノ

 

 

今のままじゃ中途半端なサイドハンド投手なのでもっと地面スレスレの位置から投球する完全なアンダーハンド投手になってもらってプロ入りしてもらえたら嬉しいなんて思ってます笑

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は札幌大谷の太田流星選手について取り上げました。

 

まとめますと・・・

 

 

まとめ
  • サブマリン投法に近いサイドハンド右腕。
  • 球速は125km前後。
  • スライダー・カーブ・シンカー・シュートなど多彩な変化球で打たせて取る投手。
  • 将来プロでもやっていける可能性のある楽しみな投手。

 

と言う事でした。

 




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© りょうさんの部屋 , 2019 All Rights Reserved.