全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここで気になる記事でも覗いてみてゆっくり過ごして行ってくださいヽ(`・ω・´)ノ

音楽の日2020年いきものがかりの出演時間はいつ頃?セットリストも調査!

 







この記事を書いている人 - WRITER -

2020年7月18日(土)の14時から「音楽の日」が放送されます。

 

 

今年は9時間の放送という事で物凄く長いですね。(ちなみに去年は13時間だったので今年は短い方です笑)

 

 

その「音楽の日」に今年はいきものがかりの皆さんも出演することが決まっています。

いきものがかりが「音楽の日」に出演するのは2016年以来4年ぶりになりますね。

それまで第1回の2011年から2015年まで皆勤賞だったのですがここ3年間は出演がありませんでした。

 

 

そこでここではその「音楽の日」に出演が決定しているいきものがかりがどの時間帯に出演するのかまたセットリスト(披露する曲)についても調査してみました。

 

スポンサーリンク

 

「音楽の日2020」いきものがかりの出演時間は何時頃?

 

こちらについて調べてみたのですが、まだ公式に情報が開示されていませんでしたので分かっていません。

 

そこで過去にも出演経験のあるいきものがかりが過去何時頃に出演していたかを調べた上で、

筆者の予想を立ててみようと思います。

 

 

  • 2014年・・・0時台に出演していました。
  • 2016年・・・21時台に出演していました。

 

 

2014年の時は「番組後半ころ」

2016年は「番組中盤ころ」に出演しています。

 

 

それを考えると今年も番組中盤から後半あたりに出演することが予想されます。

今年は23時で番組終了ですので、18時〜20時ころに出演するのではないでしょうか。

 

 

 

いきものがかりの出演時間に関しては詳しい情報が入り次第追記していきます。

 

スポンサーリンク

「音楽の日2020」いきものがかりのセットリスト(披露する曲)について

 

今年はどんな曲を披露してくれるのでしょうか。

現時点で分かっているのは「YELL」を披露することだけですね。

 

 

番組の恒例企画である《五元中継大合唱》にて「YELL」が熱唱されることが既に分かってます。

 

過去には・・・

 

  • 2016年、松山千春の『大空と大地の中で』
  • 2017年、ゆずの『栄光の架橋』
  • 2018年、EXILEの『道』
  • 2019年、長渕剛の『乾杯』

 

これらの曲が合唱曲として披露されてきました。

YELLはもともと、NHK全国学校音楽コンクール中学校の部の課題曲として作られた合唱曲ですもんね。

なので今回の企画に合っている曲ですよねヽ(`・ω・´)ノ

 

 

YELL以外の曲についてはまだ詳しい情報がありませんでしたので、過去のセットリストを調べてみました。

 

 

  • 2014年・・・「じょいふる」・「ラブソングはとまらないよ」
  • 2015年・・・情報がありませんでした(´-ω-`)
  • 2016年・・・「帰りたくなったよ」

 

2014年の時には「ラブソングはとまらないよ」が当時の新曲でしたね。

それ以外は過去にヒットした曲を起用していました。

 

 

今年も何曲披露するのかはわかりませんが複数曲披露するとなると1曲は新曲を起用するのではないでしょうかね。

 

  • WE DO
  • 太陽
  • SING!
  • アイデンティティ
  • 生きる

 

新曲としてはここら辺が起用されるでしょうか。

これらの曲はいきものがかりのメンバーが再集結した後に配信限定シングルとしてリリースされた曲なんですよね。

 

CDとして発売されていないので、いきものがかりに関してはここ数年新しい曲を聴けていないのでどんな曲かは知らないのですが、また新曲でもCDとして発売してほしいなーとは思いますね。

 

いきものがかりのセットリストに関しては詳しい情報が入り次第追記していきます。

 

 

スポンサーリンク

まとめ&関連記事

 

いかがだったでしょうか。

今回は音楽の日に出演するいきものがかりの出演時間やセットリストについて取り上げました。

 

まとめますと・・・

 

まとめ

  • いきものがかりの出演時間は詳しくは分かっていません。(独自予想では18時〜20時頃の出演を予想)
  • セットリストについても詳しくは分かっていません。「YELL」を合唱することだけは分かっている。(独自予想ではいきものがかり再集結後に限定配信シングルとしてリリースされた曲のどれかが起用されると予想)

 

ということでした。

 

 




この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© りょうさんの部屋 , 2020 All Rights Reserved.