全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここで気になる記事でも覗いてみてゆっくり過ごして行ってくださいヽ(`・ω・´)ノ

ニック・ターリーの球速や球種・コントロールの特徴は?過去成績も気になる

2021/12/03
 







この記事を書いている人 - WRITER -

2022年度プロ野球の新外国人選手情報です。

 

広島東洋カープが2022年新外国人選手として、ニック・ターリー投手を獲得したというニュースが出ました。

 

 

契約年数 不明
年俸 7,300万円+出来高
背番号 未定

 

広島の新外国人選手2人目になりますね!

因みに1人目はやはり投手のドリュー・アンダーソン選手です。

関連記事: ドリュー・アンダーソンの球速や球種・コントロールの特徴は?成績も気になる

 

 

そこでここでは、ニック・ターリー選手とはどういった特徴のある選手なのか、球速や球種・コントロールなどの特徴について、後半では過去成績についてご紹介していきます。

 

 

\プロ野球観るならDAZN!/

 

月額1750円で野球を含む130以上のスポーツコンテンツが見放題!

 

初回登録で1ヶ月無料トライアルもあるので、お試しにはもってこいです!

 

 

>DAZN公式サイトはこちら!

 

 

 

※DAZNの詳しい登録方法や解約方法についてはこちらをご参照ください。

 

スポンサーリンク

 

ニック・ターリーの球速や球種・コントロールなどの特徴について

 

 

球速

 

メジャーでのストレートの最速は97マイル(156.1km/h)です。

これはメジャー初登板を果たした2017年に記録しています。

またストレートの平均球速は94マイル(151.2km/h)となっています。

 

常時150kmを超えるストレートを投げる左腕という事になりますね。

ただしこれはあくまでもメジャーでのストレートの平均球速なので、マイナーでは先発で数多く登板していたのですが、先発となると平均球速は少し落ちると考えるべきでしょうね。

 

被打率について

 

メジャーでのこのストレートの被打率は下記の通りです。

 

年代 被打率
2017年 .414(58打数24安打)
2020年 .148(54打数8安打)
合計 .286(112打数32安打)

 

何だかハッキリと分かれてますね、2017年はかなり打ち込まれていますが2020年は改善されているとも見れますし。

でも実際に2020年には1割台に抑えていますから、この被打率であれば日本のバッターも相当苦労するかもしれませんね。

 

球種

 

変化球の持ち玉は、スライダー・カーブ・チェンジアップです。

それぞれのメジャーでの通算の被打率は下記の通りです。

 

  • スライダー・・・.000(2打数0安打)
  • カーブ・・・.242(33打数8安打)
  • チェンジアップ・・・1.000(3打数3安打)

 

メジャーで登板のある2017年と2020年の成績なのですが、ここから見ても分かる通り、カーブ以外の球種は殆ど投げていないに等しいという事ですね。

真っ直ぐとカーブだけで投球を組み立てているという事になります。

 

1種類しか球種が無いとすると凄く心配になりますが、逆に言えばその2種類だけで被打率をここまで抑えていると考えると、もしかしたらこれでも通用するのかもしれないですよね。

 

まあこれもメジャーの試合ではこういう投球をしていたという事だけで、マイナーで先発していた時はスライダーやチェンジアップも多く投げていたかもしれません。

こちらに関しては調べてみても情報が見つからなかったのでわかっていないのですが、カーブとストレートだけの組み合わせはあくまでもメジャーの試合のみの場合です。

 

コントロール

 

  • 今シーズンはマイナーで43回を投げて与えた四球が21個(四球率=4.40)
  • メジャー通算で44.1回を投げて与えた四球が17個(四球率=4.35)
  • マイナー通算で830.2回を投げて与えた四球が197個(四球率=4.90)

 

という事でコントロールは数字上、悪そうです。

上記はBB/9という与四球率の数字なのですが、この数字は2点台が優秀とされていて、4点以上になると悪いという評価になるそうです。

 

ターリー選手はBB/9が4点台という事で、コントロールには難があると見てよいでしょう。

しかし日本に来て環境に馴染んでコントロールが良くなる可能性も無きにしも非ず、かもしれないのでそこの可能性に賭けたいですね`‐ω‐´)

 

スポンサーリンク

ニック・ターリーの評価について

 

左投げで常時150kmを超えるストレートを投げる事ができて、ストレートの被打率は2020年は1割台に抑えたという実績もある。

しかし球種がカーブだけで、(スライダー・チェンジアップは滅多に投げない)コントロールも良く無いという事で、なかなか難しいですね評価が。

 

しかし大きな特徴もある!

 

ただし、ターリー選手には奪三振率の高さという大きな特徴があります。

 

マイナーの成績にはなりますが、ここ数年のマイナーでのK/9(奪三振率)は凄く優秀な数字を残しています。

 

年代 投球回 奪三振 K/9
2015年 108.2 89 7.37
2016年 35.2 48 12.11
2017年 92 124 12.13
2021年 43 60 12.56

 

この奪三振率の高さ!!

18年〜20年が空白なのが気になる所だと思いますが、この間に何があったかはwikiを見てくださいw(wikiはこちら

 

まあなんやかんやあって空白の3年間がありますが、それ以外の年でのマイナーでの奪三振率は途轍もない数字になっています。

要するに三振をバンバン取れるピッチャーであるという事ですね。

 

この奪三振率の高さがあれば、ノーコンでも全然通用するかもしれません。

150kmを超えるストレートと、125km前後のカーブで緩急をつけて三振を多く奪っていくスタイルなので

うまくいけば中継ぎのセットアッパーとして機能するかもしれませんねヽ(`・ω・´)ノ

 

個人的には凄く楽しみな選手だなと思います。

 

スポンサーリンク

ニック・ターリーのちょっとしたプロフィール

 

出身地 アメリカ合衆国
生年月日 1989年9月11日(32歳)
身長 / 体重 193cm / 88kg
ポジション 投手
投球打席 左投げ左打ち
経歴 ヤンキース→ジャイアンツ→レッドソックス→ツインズ→パイレーツ→ホワイトソックス→広島

 

2008年6月のドラフトで50巡目でヤンキースから指名されプロ入りしています。

そこから暫くはマイナーでの試合に登板し、2017年6月にメジャー初昇格を果たしました。

2020年はメジャーで25試合に出場し、21.2イニングを投げて20個の三振を記録しています。

 

ニック・ターリーの通算成績について

 

・2021年メジャー成績

試合 イニング 奪三振 与四死球 防御率
0 0 0 0 0 0 0

 

・2021年マイナー成績

試合 イニング 奪三振 与四死球 防御率
43 1 4 43 60 25 5.02

 

・メジャー通算成績

試合 イニング 奪三振 与四死球 防御率
35 0 5 39.1 33 24 7.78

 

・マイナー通算成績

試合 イニング 奪三振 与四死球 防御率
219 53 51 830.2 829 434 3.51

 

マイナーでは219試合中、139試合で先発として登板していたのですが、カープが先発として起用するかどうか気になる所ですね。

先発でもいけるし、でもどちらかというと中継ぎタイプなんじゃないかなとも個人的には思いますし。

日本の野手はメジャーと比べるとボール球に手を出す確率が低いと思うので、先発よりも中継ぎで1イニングを全力で投げるほうが三振も多く取れる気がしますね。

 

佐々岡監督がどう起用するかが注目です。

 

 

\プロ野球観るならDAZN!/

 

月額1750円で野球を含む130以上のスポーツコンテンツが見放題!

 

初回登録で1ヶ月無料トライアルもあるので、お試しにはもってこいです!

 

 

>DAZN公式サイトはこちら!

 

 

 

※DAZNの詳しい登録方法や解約方法についてはこちらをご参照ください。

 

スポンサーリンク

「ニック・ターリーの球速や球種・コントロールの特徴は?過去成績も気になる」まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は「ニック・ターリーの球速や球種・コントロールの特徴は?過去成績も気になる」について取り上げました。

 

まとめますと・・・

 

まとめ

  • 広島東洋カープが2022年新外国人選手として、ニック・ターリー選手と契約したと発表があった。
  • アメリカ出身で左投げ左打ち。
  • ストレートの最速は156.1km/h。
  • 変化球の持ち玉は「スライダー・カーブ・チェンジアップ」だが、カーブ以外は殆ど投げていない。
  • 変化球の一番の武器はカーブ。
  • コントロールは悪いが、奪三振率が高い。
  • マイナーでは先発起用も多く、先発中継ぎどちらで起用するか注目される。

 

という事でした。

 

2022年度プロ野球新外国人選手の関連記事紹介

 

あなたの好きな球団をクリックしてください!

オリックス / ロッテ / 楽天 / ソフトバンク / 日本ハム / 西武

 

ヤクルト / 阪神 / 巨人 / 広島 / 中日 / 横浜DeNA

 

・オリックス

関連記事:ジェイコブ・ワゲスパックの球速や球種・コントロール・過去成績はこちら!

関連記事:ブレイビック・バレラの打撃や守備・過去成績はこちら!

 

・ロッテ

まだ無いです。

 

・楽天

関連記事:クリス・ギッテンズの打撃や守備・過去成績はこちら!

関連記事:ホセ・マルモレホスの打撃や守備・過去成績はこちら!

 

・ソフトバンク

関連記事:フレディ・ガルビスの打撃や守備・過去成績はこちら!

 

・日本ハム

関連記事:レナート・ヌニェスの打撃や守備・過去成績はこちら!

関連記事:コディ・ポンセの球速や球種・コントロール・過去成績はこちら!

 

・西武

関連記事:ブライアン・オグレイディの打撃や守備・過去成績はこちら!

関連記事:ディートリック・エンスの球速や球種・コントロール・過去成績はこちら!

 

・ヤクルト

まだ無いです。

 

・阪神

関連記事:アーロン・ウィルカーソンの球速や球種・コントロール・過去成績はこちら!

関連記事:カイル・ケラーの球速や球種・コントロール・過去成績はこちら!

 

・巨人

まだ無いです。

 

・広島

関連記事:ニック・ターリーの球速や球種・コントロール・過去成績はこちら!

関連記事:ドリュー・アンダーソンの球速や球種・コントロール・過去成績はこちら!

関連記事:ライアン・マクブルームの打撃や守備・過去成績はこちら!

 

・中日

関連記事:ソクラテス・ブリトーの打撃や守備・過去成績はこちら!

 

・横浜DeNA

関連記事:ブルックス・クリスキーの球速や球種・コントロール・過去成績はこちら!




この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 1st room , 2021 All Rights Reserved.