全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここで気になる記事でも覗いてみてゆっくり過ごして行ってくださいヽ(`・ω・´)ノ

マット・アンドリースの球速や球種・コントロールの特徴は?過去成績も調査!

2022/05/31
 







この記事を書いている人 - WRITER -

2022年度プロ野球の新外国人選手情報です。

 

巨人が新外国人選手としてマット・アンドリース選手を獲得した事が明らかになりました。

 

契約年数 1年契約
年俸 2.27億
背番号 29

 

巨人の外国人選手補強第3弾目になります!積極的に動いていますねヽ(`・ω・´)ノ

ちなみに他の二人は下記の通りです。

関連記事:アダム・ウォーカーの打撃や守備の特徴は?過去成績も調査!

関連記事:グレゴリー・ポランコの打撃や守備の特徴は?過去成績も調査!

 

そこでここでは、マット・アンドリース選手とはどういった特徴のある選手なのか、球速や球種・コントロールなどの特徴について、後半では過去成績についてご紹介していきます。

 

 

\プロ野球観るならDAZN!/

 

月額3,000円で野球を含む130以上のスポーツコンテンツが見放題!

 

>DAZN公式サイトはこちら!

 

 

 

※DAZNの詳しい登録方法や解約方法についてはこちらをご参照ください。

 

スポンサーリンク

 

マット・アンドリースの球速や球種・コントロールなどの特徴について

 

 

球速

 

メジャーでのストレートの最速は95.4マイル(153.5km/h)です。

これは2015年メジャーでの試合で計測したものです。

またストレートの平均球速は92.4マイル(148.7km/h)となっています。

 

大体は148km前後のスピードという事ですね。

 

ストレートの被打率について

 

メジャーでのストレートの被打率は下記の通りです。

 

年代 被打率
2015年 .297(118打数35安打)
2016年 .260(192打数50安打)
2017年 .268(138打数37安打)
2018年 .289(114打数33安打)
2019年 .250(128打数32安打)
2020年 .175(40打数7安打)
2021年 .326(86打数28安打)
合計 .272(816打数127安打)

 

ストレートの被打率はまずまずといったところでしょうか。

さらにこのストレートで通算206個の三振を奪っており、奪三振率は22.5%となかなか優秀な数字が残っています。

 

球種

 

変化球の持ち球は、カットボール・カーブ・チェンジアップ・ツーシームです。

それぞれのメジャーでの通算の被打率は下記の通りです。

 

  • カットボール・・・.260(196打数51安打)
  • カーブ・・・.301(186打数56安打)
  • チェンジアップ・・・.248(742打数184安打)
  • ツーシーム・・・.333(48打数16安打)

 

この様になっており、特筆して打たれている・抑えているボールというのは無さそうです。

ただチェンジアップがこの中で一番数多く投げており、アンドリース選手の大きな武器となっている事がわかります。

このチェンジアップでストレートよりも多い三振を奪えており、メジャー通算で210奪三振、奪三振率は26.4%となっています。

 

基本的にはストレートとチェンジアップの2球種で投球を組み立てていく選手なんだなというのがわかります。

 

コントロール

 

  • 2021年メジャー・・・48.1回を投げて四球が13個(四球率=2.42
  • 2021年マイナー・・・3回を投げて四球が0個。
  • メジャー通算・・・509回を投げて四球が147個(四球率=2.60
  • マイナー通算・・・601.1回を投げて四球が147個(四球率=2.20
  • マイナーAAA通算・・・328.2回を投げて四球が77個(四球率=2.11

 

という事で、数字上はコントロールはかなり良さそうです。

四球で自滅するタイプでは無さそうですね。

 

動画でもあるのですが、低めに制球する事に長けている様に思えますね。

チェンジアップもストライクからボールゾーンへ投げてますし、ストレートもコーナー一杯の低めのゾーンに投げれます。

 

マット・アンドリースの評価について

 

非常に日本向きな選手なのかなと個人的に思います。

 

ストレートとチェンジアップの組み合わせなので緩急のついた投球が武器になっていると思うので、バッターは基本的にはストレートを狙ってくると思いますが、チェンジアップやカーブといった緩いボールがあるのでなかなか的を絞りづらいんじゃないでしょうか。

 

後は持ち前の制球力で低めにボールを集めてゴロを打たせてるピッチングが出来れば良い活躍が期待できるかと思います。

 

気になる点もある

 

ただ個人的に気になるのはWHIPとHR/9ですかね。

 

後ほどご紹介していますが、今シーズンメジャーでのWHIPが1.6を超えているという事で、それなりにランナーを出す可能性が考えられます。

そしてHR/9(9イニング投げて打たれる本塁打の数)の数字が平均よりやや高いという点です。

メジャー通算で1.34でした、少し被本塁打が多いので一発を食らって大量失点する可能性も考えられそうです。

 

マット・アンドリースのちょっとしたプロフィール

 

出身地 アメリカ合衆国
生年月日 1989年8月28日(32歳)
身長 / 体重 190cm / 97kg
ポジション 投手
投球打席 右投げ右打ち
経歴 パドレス→レイズ→ダイヤモンドバックス→エンジェルス→レッドソックス→マリナーズ→巨人

 

2011年のMLBドラフト3位指名を受けてサンディエゴ・パドレスと契約しプロ入りしています。

その後しばらくはマイナーでプレーし、2015年4月にメジャー初昇格を果たします。

15年からは毎年メジャーの試合で登板するようになり、16年には29試合に登板して8勝をマークしキャリアハイの成績を残しています。

 

19年には中継ぎとして54試合に出場しています。

今シーズンはレッドソックスとマリナーズの2球団で合計34試合に登板しています。

 

マット・アンドリースの通算成績について

 

・2021年メジャー

試合 イニング 奪三振 与四死球 防御率
34 2 3 48.1 50 17 5.21
K/9 BB/9 WHIP        
9.31 2.42 1.61        

 

・2021年マイナー成績

試合 イニング 奪三振 与四死球 防御率
3 0 0 4 4 0 0.00
K/9 BB/9 WHIP
9.00 0.00 0.75

 

・メジャー通算成績

試合 イニング 奪三振 与四死球 防御率
217 28 37 509 474 164 4.63
K/9 BB/9 WHIP        
8.38 2.60 1.33        

 

・マイナー通算成績

試合 イニング 奪三振 与四死球 防御率
123 41 29 601.1 541 169 3.28
K/9 BB/9 WHIP
8.96 2.20 1.20

 

・マイナーAAA通算成績

試合 イニング 奪三振 与四死球 防御率
63 18 18 328.2 294 90 3.50
K/9 BB/9 WHIP
8.51 2.11 1.21

 

 

\プロ野球観るならDAZN!/

 

月額3,000円で野球を含む130以上のスポーツコンテンツが見放題!

 

>DAZN公式サイトはこちら!

 

 

 

※DAZNの詳しい登録方法や解約方法についてはこちらをご参照ください。

 

「マット・アンドリースの球速や球種・コントロールの特徴は?過去成績も調査!」まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は「マット・アンドリースの球速や球種・コントロールの特徴は?過去成績も調査!」について取り上げました。

 

まとめますと・・・

 

まとめ

  • 巨人がマット・アンドリース選手を獲得した。
  • アメリカ出身で右投げ右打ち。
  • ストレートの最速は153.5km/h。
  • 変化球の持ち玉は「カットボール・カーブ・チェンジアップ・ツーシーム」
  • 1番の武器はチェンジアップで、被打率が低く三振を数多く奪える。
  • コントロールはかなり良い。
  • WHIPとHR/9の数字が悪いのが少し気になる。

 

という事でした。

 

2022年度プロ野球新外国人選手の関連記事紹介

 

あなたの好きな球団をクリックしてください!

オリックス / ロッテ / 楽天 / ソフトバンク / 日本ハム / 西武

 

ヤクルト / 阪神 / 巨人 / 広島 / 中日 / 横浜DeNA

 

・オリックス

関連記事:ジェイコブ・ワゲスパックの球速や球種・コントロール・過去成績はこちら!

関連記事:ブレイビック・バレラの打撃や守備・過去成績はこちら!

関連記事:ジェシー・ビドルの球速や球種・コントロール・過去成績はこちら!

 

・ロッテ

まだ無いです。

 

・楽天

関連記事:クリス・ギッテンズの打撃や守備・過去成績はこちら!

関連記事:ホセ・マルモレホスの打撃や守備・過去成績はこちら!

 

・ソフトバンク

関連記事:フレディ・ガルビスの打撃や守備・過去成績はこちら!

 

・日本ハム

関連記事:レナート・ヌニェスの打撃や守備・過去成績はこちら!

関連記事:コディ・ポンセの球速や球種・コントロール・過去成績はこちら!

関連記事:ジョン・ガントの球速や球種・コントロール・過去成績はこちら!

関連記事:アリスメンディ・アルカンタラの打撃や守備・過去成績はこちら!

 

・西武

関連記事:ブライアン・オグレイディの打撃や守備・過去成績はこちら!

関連記事:ディートリック・エンスの球速や球種・コントロール・過去成績はこちら!

関連記事:ボー・タカハシの球速や球種・コントロールの特徴は?過去成績も調査!

 

・ヤクルト

関連記事:A.J.コールの球速や球種・コントロール・過去成績も気になる!

 

・阪神

関連記事:アーロン・ウィルカーソンの球速や球種・コントロール・過去成績はこちら!

関連記事:カイル・ケラーの球速や球種・コントロール・過去成績はこちら!

 

・巨人

関連記事:アダム・ウォーカーの打撃や守備の特徴は?過去成績も調査!

関連記事:グレゴリー・ポランコの打撃や守備の特徴は?過去成績も調査!

関連記事:マット・アンドリースの球速や球種・コントロールの特徴は?過去成績も調査!

 

・広島

関連記事:ニック・ターリーの球速や球種・コントロール・過去成績はこちら!

関連記事:ドリュー・アンダーソンの球速や球種・コントロール・過去成績はこちら!

関連記事:ライアン・マクブルームの打撃や守備・過去成績はこちら!

 

・中日

関連記事:ソクラテス・ブリトーの打撃や守備・過去成績はこちら!

 

・横浜DeNA

関連記事:ブルックス・クリスキーの球速や球種・コントロール・過去成績はこちら!

 

【スポンサーリンク】
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 1st room , 2021 All Rights Reserved.