全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここで気になる記事でも覗いてみてゆっくり過ごして行ってくださいヽ(`・ω・´)ノ

小園海斗(広島)の打撃や守備の特徴について!どんな性格なの?

 







この記事を書いている人 - WRITER -

2018年秋のドラフトで広島東洋カープからドラフト1位指名を受けて入団した小園海斗選手について取り上げます。

 

 

ここでは小園選手のプロフィール・打撃や守備などの特徴について
後半には小園選手の性格についても
ご紹介しています。

 

スポンサーリンク

 

小園海斗のちょっとしたプロフィール

出身地 兵庫県宝塚市
生年月日 2000年6月7日
身長 / 体重 178cm / 83kg
投球打席 右投げ左打ち
ポジション ショート
経歴 報徳学院高等学校→広島東洋(2019)

 

甲子園には2年生の春(2017年)と3年生の夏(2018年)の大会に出場しています。

 

報徳学園高校時代には1年生の春からベンチりしていました。

いきなり「1番・ショート」として兵庫県大会に試合に5試合出場し、25打数で10安打で打率.400をマークするなどの活躍を見せました。
同年夏の甲子園大会予選では2回戦で現阪神タイガース所属の才木浩人選手から2安打をマークしていました。

 

 

2年生の春の甲子園では4試合に出場して18打数9安打、打率.500、ホームラン1本、打点5の活躍を見せ8強入りを果たしました。
この辺りからプロスカウトから目をつけられる存在となりました。

 

 

3年生の夏の甲子園では3試合に出場し、12打数4安打、二塁打3本、打率.333という成績でした。

 

 

そして2018年の秋のドラフトで競合の末、広島東洋カープからドラフト1位指名を受けて入団しています。

 

 

契約金1億円プラス出来高、年俸800万円、背番号「51」となっています。

 

スポンサーリンク

小園海斗の打撃や守備などの特徴について

 

小園選手の打撃や守備・走塁などの特徴についてご紹介します。

 

 

打撃

 

高校通算38本塁打と長打力のあるバッターです。
さすがゴールデンルーキですね!スイングスピードも桁違いです。

 

 

守備に目がいきがちですが、バックスクリーンにホームランを叩き込めるパワーも持っており、走攻守三拍子揃った選手だと言えます。

 

 

上の動画でもありますが2月の第1クール最終日であれだけのバッティングが出来ているわけですから、これから第2、3クールと渡っていくに連れてさらに良くなっていく事が予想されます。

 

 

伸び代が半端なく期待できますねヽ(`・ω・´)ノ

 

 

守備

 

 

守備は言わずもがな良いですよね。
肩の強さと足の速さがある為に守備も積極的に動けるのが特徴です。

 

 

ボールをキャッチする前に自分の中で「取れた」と判断してからキャッチに入るその間が安定しているという解説でしたが、なるほどね`‐ω‐´)

守備って難しくて奥が深いですよね。

 

 

今ショートでレギュラーの田中広輔選手にとって小園選手は最大のライバルになりそうですよね。
守備の技術に関して言えば二人のレベルに大差はありませんし、バッティングも良いものを持っていますのでウカウカしてられませんね。

 

 

 

走塁

 

50mを5.8秒で走る事が出来、足の速さにも定評があります。
盗塁に対しても積極的に仕掛けますので期待できます。

 

 

将来的には1番バッターとして試合出場していくと思いますので盗塁王なんてのも狙えるレベルだと思いますね。

 

総評

 

間違いなく球界を代表するショートストップになれるでしょう。

 

 

まだ高校卒業もしていない高校生ルーキーですがキャンプの打撃練習・守備練習で解説者を唸られせています。
技術的な事に関しては何も言うことはないんじゃないでしょうか。

 

 

あとはプロの試合に早く慣れる事ですね。
場慣れして行って自分の持っている力を存分に発揮する事ができればいつの間にか球界を代表する選手になっていると思ってます。

 

 

これからの活躍を大いに期待したいですねヽ(`・ω・´)ノ

 

 

スポンサーリンク

小園海斗の性格について

 

小園選手の性格について調べていると、なかなか良い性格をしている事がわかりましたよ。

 

小園選手は飄々とした性格の持ち主なんだそうです。
「飄々とした性格」って一見、あまり良くないんじゃない?と思いがちですが、
プロ野球の世界ではそうでもないみたいで、おかげで色々な先輩から声をかけてもらっているそうです。

 

 

上の動画でもありましたが内野守備練習を行っている際に側には田中広輔選手も一緒になって練習していましたよね。
普通の選手なら年が10以上も離れている先輩と一緒になって練習なんて恐縮すると思うんですが、小園選手はそんな感じがまるで感じられません。
「本当に1年目のルーキーなの?」って思うくらい馴染んでましたよね。

 

 

なので先輩たちも話しかけやすいんじゃないですかね。
堂々としていてるから気兼ねなく声を掛けれると言いますか。
緊張している姿はすぐに察知できますもんね。
つい最近は同じチームの鈴木誠也選手にも声を掛けられたそうですよ!

 

 

また小園選手と同期入団の正隋選手とはキャンプ初日に一緒に自転車を買いに行って散歩までした「仲」になっていました。
正隋選手の方が4つ年上にも関わらず既に友達になってるんですねー!

 

 

小園選手はプロ野球選手としてはなかなか良い性格をしているなと思いました。

 

先輩に好かれると野球の事色々教えてくれそうですよねヽ(`・ω・´)ノ

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は広島東洋カープからドラフト1位指名を受けて入団した小園海斗選手について取り上げました。

 

まとめますと・・・

 

  • 走攻守三拍子揃った期待の高校生ショートストップ。
  • 高校通算38本塁打とパワーもある。
  • 守備はピカイチで肩も強い。
  • 50mを5.8秒で走る事ができ、盗塁も積極的に仕掛ける。
  • 飄々とした性格で先輩から可愛がられている。

 

 

ということでした。

そのほかにも・・・
当サイトでは2018年秋のドラフトで入団した新人選手の記事を他にも紹介しています。
よければこちらもご覧くださいヽ(`・ω・´)ノ

 

関連記事:準備中

関連記事:準備中

関連記事:準備中

 




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です