全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここで気になる記事でも覗いてみてゆっくり過ごして行ってくださいヽ(`・ω・´)ノ

【消えた天才】貴景勝が相撲の世界へ進むきっかけとなった天才って誰?徹底調査してみた!

 







この記事を書いている人 - WRITER -

4月7日に放送される「消えた天才」で相撲の貴景勝さんが相撲を始める前にやっていた「あるスポーツ」で勝てなかった天才について取り上げます。

 

 

もしその天才が貴景勝さんと勝負していなかったら、もしかしたら貴景勝さんは誕生していなかったかもしれません。
そう考えると貴景勝さんとその「天才」との出会いに運命的な物を感じますよね`‐ω‐´)

 

 

そこでここでは貴景勝さんを相撲の世界へ進ませた「天才」について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

貴景勝が相撲の前にやっていた「あるスポーツ」ってなに?

 

まず、貴景勝さんが相撲の前にやっていたスポーツって何なのでしょうか?

 

 

こちらに関しては貴景勝さんを調べているとすぐに出てきました。

それは「極真空手」です。

 

 

普段私たちがよく耳にする「空手」とは少し異なるようです。
しかしここではその違いについては省略させていただきます。
気になる方はネットで「空手 極真空手 違い」で調べてみてくださいヽ(`・ω・´)ノ

 

 

話を戻しますと、貴景勝さんは小学校時代に相撲を始める前に「極真空手」をやっていたんですね。
しかし貴景勝さんはこの極真空手の試合で一生忘れることのできない敗北を喫した為に相撲へ転身するわけですね。

 

一体何があったんでしょうか。

 

スポンサーリンク

貴景勝が体験した一生忘れることのできない敗北の内容とは?

 

ではその貴景勝さんが極真空手で「忘れる事のできない敗北」を喫した、その内容とはどんなものだったのでしょうか。

 

この先は若干ネタバレみたいな感じになりますのでご注意ください。

 

 

こちらに関してはネットの情報なのでもしかしたら間違っている可能性もあります。
貴景勝さんは小学3年生の時の空手の試合の決勝戦で今回の「天才」と勝負するわけですが、
そこで審判によるおかしな判定を受けた」んです。

 

 

明らかに公平なジャッジではなかったそうですね。

 

 

そのおかしな判定を受けた事で貴景勝さんは「判定がある競技はやりたくないと思った」と語っています。
その為空手を辞めてしまい、相撲の世界に進んだんですね。

 

 

相撲でも行司と言われる方がいますので判定がある競技ではあるのですが、
勝ち負けに関しては相撲は非常に分かりやすいですもんね。
基本的に相手を土俵から追い出せたら勝ちですもんね。(そのほかにもルールは沢山ありますが)

 

 

なので貴景勝さんは極真空手で「天才」と勝負した際におかしな判定で負けにさせられた事に憤慨し、空手の世界から相撲の世界に転向したという事です。

 

 

貴景勝さんはこの時小学校3年生でこの試合を機に空手を辞めて、
小学校4年生から相撲の道に進むこととなります。

 

スポンサーリンク

貴景勝が戦った空手の「天才」ってだれ?

 

お待たせいたしました。

では今回の本題である、貴景勝さんを相撲の世界に進ませた空手の天才とは誰なのでしょうか。

 

 

これに関しては「恐らくこの人だろう」ということで別記事にしていますのでそちらをご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は消えた天才で紹介される貴景勝さんを相撲の世界へ進ませた天才について取り上げました。

 

 

恐らく石野さんだと思います。(万が一間違っていたらすいません)

別記事では石野さんの現在や彼女さんの有無などについてご紹介していますのでぜひご覧ください。




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© りょうさんの部屋 , 2019 All Rights Reserved.