全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここで気になる記事でも覗いてみてゆっくり過ごして行ってくださいヽ(`・ω・´)ノ

ケビン・シャッケルフォードの球速や球種・過去成績についてご紹介

 







この記事を書いている人 - WRITER -

横浜DeNAベイスターズに新加入したケビン・シャッケルフォード選手について取り上げます。

 

本日11月21日に速報として出ましたが、DeNAが21年の新外国人投手としてケビン・シャッケルフォード選手を獲得した事が判明しました。

 

 

ただ育成契約のようですね`‐ω‐´)

後にご紹介していますが、TJ手術明けという事もあって育成での契約にした模様です。

 

 

そこでここではシャッケルフォード選手のちょっとしたプロフィール・過去成績・球速や球種、コントロールの特徴についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

ケビン・シャッケルフォードのちょっとしたプロフィール

 

出身地 アメリカ合衆国
生年月日 1989年4月7日(31歳)
身長 / 体重 196cm / —kg
ポジション 投手
投球打席 右投げ右打ち
経歴 ブルワーズ→レッズ→横浜DeNA

 

2010年6月のアマチュアドラフト21位指名を受けてミルウォーキー・ブルワーズに入団。

 

そこからしばらくマイナーリーグでプレーし、2017年6月29日にメジャー初登板を果たします。

初登板はリリーフで2回2/3を投げて被安打5、四死球1、2本塁打、3奪三振、4失点という成績でした。

 

 

18年6月5日に当時所属していたレッズからリリースをされました。

その4日後にインスタにてトミー・ジョン手術を受けた事を明らかにしています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kevin Shackelford(@shack4789)がシェアした投稿

 

これにより、19.20年はマイナーでも試合に出場していません。

 

シャッケルフォードの成績について

 

メジャー通算成績

試合 イニング 奪三振 四死球 防御率
31 0 1 38.2 45 21 5.35

 

試合数は少ないものの、イニング数以上の三振を奪う事ができていますね。

 

マイナー通算成績(2010〜2018年)

試合 イニング 奪三振 四死球 防御率
264 18 27 439.2 313 161 3.48

 

スポンサーリンク

ケビン・シャッケルフォードの球速や球種・コントロールの特徴について

 

ここからはシャッケルフォード選手の球速や球種・コントロールの特徴についてご紹介していきます。

 

球速

 

ストレートの最速は97.8マイル(157.3km/h)です。

これはメジャー初昇格を果たした2017年に記録しています。

 

この年のストレートの平均球速はだいたい95.6マイル(153.8km/h)ということでした。

 

被打率は.313で、球が速い割には打たれています。

 

球種

 

変化球の持ち玉はカットボール・スライダー・ツーシームです。

 

決め球はスライダーで、17年にはこのボールで計38個中28個の三振を奪っています。

被打率も.212という事で殆ど打たれていません。

 

ツイッターの動画を見ているとスライダーで三振を奪ったりゴロで打ち取ったりしているシーンが目立ちますね。

コースも良いところにコントロール出来ています。

 

コントロール

 

  • メジャー通算で38.2回を投げて与えた四球が17個(四球率=3.96
  • マイナー通算で439.2回を投げて与えた四球が262個(四球率=2.84

 

という事で、コントロールはそこまで悪くないですかね。

 

スポンサーリンク

ケビン・シャッケルフォードはDeNAで活躍できる?

 

こちらに関してですが、トミー・ジョン手術の影響で2年まともに試合で投げてない事、手術したことによってストレートのスピード・威力がどれほど元に戻るかがポイントになりそうですね。

 

先ほどストレートの最速は157kmとご紹介しましたが、それは手術前のものです。

そのスピードがどこまで元に戻るのか、来年4月で32歳を迎えますし、もう中堅というところまで来てしまっています。

 

年齢や手術後を感じさせないような投球ができるかどうかが鍵になりそうですね。

 

世間の反応について

 

 

 

\プロ野球・メジャー観るならDAZN!/

月額1750円で野球を含む130以上のスポーツコンテンツが見放題!

 

初回登録で1ヶ月無料トライアルもあります。

 

もちろん無料トライアル期間中に解約もできるので、安心です。

 

 

DAZN公式サイトはこちら!

 

 

 

※DAZNの詳しい登録方法や解約方法についてはこちらをご参照ください。

 

 

スポンサーリンク

「ケビン・シャッケルフォードの球速や球種・過去成績についてご紹介」まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は「ケビン・シャッケルフォードの球速や球種・過去成績についてご紹介」について取り上げました。

 

まとめますと・・・

 

まとめ

  • 18年にトミー・ジョン手術を受けた31歳の外国人投手。
  • ストレートの最速は157.3km/hで、平均球速は153.8km/h。(2017年)
  • 変化球の持ち玉はスライダー・カットボール・ツーシーム。
  • コントロールはまあまあ良い。
  • 術後のストレートのスピード、実戦感覚がどこまで戻るかが活躍できるか出来ないかのポイントになりそう。

 

という事でした。

 

2021年新外国人選手情報!

 

関連記事:メル・ロハスの打撃や守備の特徴や過去成績について!来季オリックス入りは確実?

関連記事:ドヴィダス・ネブラウスカスの球速や球種の特徴は?どこの球団が獲得する?

関連記事:ケビン・クロンの阪神入団は本当なの?オリックスという声も!

関連記事:ラウル・アルカンタラの球速や球種・成績について!阪神入りの可能性はある?

関連記事:ダン・ストレイリーの球速や球種・過去成績について調査!阪神入りの可能性は?




この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© りょうさんの部屋 , 2020 All Rights Reserved.