全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここで気になる記事でも覗いてみてゆっくり過ごして行ってくださいヽ(`・ω・´)ノ

ケビン・クロンの阪神入団は本当なの?オリックスという声も!

2020/11/16
 







この記事を書いている人 - WRITER -

プロ野球選手であるケビン・クロン選手について取り上げます。

 

昨季の3Aの本塁打王のクロン選手が来季NPBの球団と契約する可能性が高いということが判明しました。

 

・追記

11月16日、広島東洋カープが正式に獲得したと発表がありました!

同時に投手でドビーダス・ネヴァラウスカス選手も獲得しています。

関連記事:ドビーダス・ネヴァラウスカスの球速や球種の特徴は?どこの球団が獲得する?

 

 

これまた典型的なホームランバッターということで、SNSでは既に「阪神かな?」という声も上がっています。

 

 

アメリカの地元紙によると、

「クロン選手の保有権が日本球団に売却されようとしている」と報じているといます。

既に契約は大詰めの段階に入っているということで、どこの球団がクロン選手と接触しているのかが気になりますね。

 

 

そこでここではクロン選手のプロフィールと打撃や守備などの特徴について、また阪神入団は本当なのかどうかについてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

ケビン・クロンのちょっとしたプロフィール

 

出身地 アメリカ合衆国
生年月日 1993年2月17日(27歳)
身長 / 体重 196cm / 113kg
ポジション 内野
投球打席 右投げ右打ち
経歴 ダイヤモンドバックス

 

2014年6月のアマチュアドラフト14位でアリゾナ・ダイヤモンドバックスに指名されて入団しています。

 

2019年の途中までマイナーリーグでプレーしており、2019年の5月24日に初めてメジャーの試合に出場しました。

この年はメジャーで39試合に出場して6本のホームランを放っています。

打率が.221だったのに対して、OPSが.790をマークしており、15本のヒットの内、10本が長打という結果でした。

 

今シーズンはメジャーで8試合しか出場していませんが、マイナーでの試合出場もゼロでした。

 

ケビン・クロンの成績について

 

2020年メジャー成績

試合 8
打数 17
安打 0
ホームラン 0
打点 0
三振 7
打率 .000

 

2019年メジャー成績

試合 39
打数 71
安打 15
ホームラン 6
打点 16
三振 28
打率 .211

 

マイナー通算成績

試合 644
打数 2461
安打 689
ホームラン 151
打点 525
三振 623
打率 .280

 

2019年にはマイナーリーグで打率.331、38本塁打王、105打点とキャリアハイの成績を残しています。

通算で151本のホームランを放っており、2015年から5年連続で20本塁打以上を記録しています。

 

スポンサーリンク

ケビン・クロンの打撃や守備の特徴について

 

打撃

 

まず打撃ですが、クロン選手のタイプは完全なホームランバッターです。

 

 

これこそ「アーティスト」って感じの弾道ですね。

ホームランを打つことに関しては何も問題なさそうです。

規格外のパワーの持ち主なんでね!

 

 

ゴロアウトが少なく、フライボールの割合が多いと言う特徴があります。

またストレート系に強いのも強みですね。

 

余談ですが、フォロースルーが元楽天のブラッシュ選手に似ている気がします。

 

弱点

 

弱点は「落ちるボール」と「アウトコース」です。

 

どうやらフォークやチェンジアップのボールが苦手ということです。

三振率も非常に高いので、フォークボールやチェンジアップをストライクからボールゾーンに投げるとまずスイングしてくるタイプです。

 

・三振率

年代 リーグ 三振率
2015年 マイナー(A+) 23.4%
2016年 マイナー(AA) 26.3%
2017年 マイナー(AA) 22.8%
2018年 マイナー(AAA) 22.8%
2019年 マイナー(AAA) 20.4%
2019年 メジャー 35.9%

 

初めてメジャーに昇格した2019年には39試合で78打席数で28の三振を喫しています。

ホームランか三振か、というハッキリとしたタイプのバッターですね。

 

※三振率は三振の数÷打席数で計算します。

 

守備

 

メジャーでは1塁・DHとして試合に出場していました。

マイナーではどこを守っていたのかという情報が無かったのですが恐らく同じ1塁かDHでしょう。

 

 

打撃特化型の選手ですので守備はあまり期待できません。

youtubeでクロン選手の守備のシーンを見たのですが、一つ一つの動作が遅くて少しヒヤッとします。

 

スポンサーリンク

ケビン・クロンは来季阪神に入団するの?(追記あり)

 

何やらツイッターでは「クロンは来年阪神」と盛り上がっているみたいです。

 

 

今の所は特に阪神球団が公式に獲得調査しているといったソースがあるわけではありません。

なので現時点では阪神がクロン選手を獲得するかどうかは分かっておりません。

 

 

阪神がもしクロン選手と契約するとしても、ボーア・マルテ両外国人がいることを考えると可能性は少ないんじゃないかなと思いますね。

右の大砲なら残留濃厚のサンズ選手と大山選手がいるので、十分な気もしますし。

 

・11月6日追記

どうやらボーア選手は今シーズン限りで阪神を退団するみたいですね。

 

 

これによりクロン選手の阪神入りの可能性が一気に浮上して来ましたね。

今はマルテ選手がファーストを守っていますが、マルテ選手が残留するかどうかが非常に微妙ですからね。(復帰してからは57打数12安打、2本塁打、9打点、打率.211)

怪我しやすい体質なのも今回の離脱でハッキリしてしまいましたから、もしかしたらマルテ選手も退団になるかもしれません。

 

そうなると阪神はクロン選手の獲得に動き出す可能性は高そうに思えますね。

ボーア選手退団で金銭面的にも問題はなさそうですし。

 

オリックスという声も

 

 

オリックスは今年、アデルリン・ロドリゲス選手がほとんど活躍出来ませんでしたし、

現在も1軍には帯同していないとことを考えると今シーズン限りで退団となる可能性は高いですね。

その穴埋めとして獲得に動くんじゃないかという予想も出ています。

 

11月14日追記〜広島東洋カープの可能性も!

 

ここにきて「広島東洋カープ」が獲得してるんじゃないかという声もツイッターでは出ています。

 

理由はクロン選手がインスタでテイラー・スコット選手をフォローしているからということです。

 

 

確認してみたら、確かにスコット選手をフォローしていました。

クロン選手のインスタはこちら

 

ツイッターやまとめブログでは40〜50%の確率で広島だろうという予想も立っているようですね。

まだ新しい動きが見られないので、どうなるかは分かりませんがここに来て色々な球団の名前が出て来ていますね`‐ω‐´)

 

スポンサーリンク

「ケビン・クロンの阪神入団は本当なの?オリックスという声も!」まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は「ケビン・クロンの阪神入団は本当なの?オリックスという声も!」について取り上げました。

 

まとめますと・・・

 

  • 来季広島東洋カープでプレーする選手。
  • 右投げ右打ちの絵に描いたようなホームランバッター。
  • ストレート系に強い。
  • フォーク系が苦手、アウトコースのボールも苦手。

 

という事でした。

 

\プロ野球・メジャー観るならDAZN!/

月額1750円で野球を含む130以上のスポーツコンテンツが見放題!

 

初回登録で1ヶ月無料トライアルもあります。

 

もちろん無料トライアル期間中に解約もできるので、安心です。

 

 

DAZN公式サイトはこちら!

 

 

その他の新外国人選手一覧

 

関連記事:ドヴィダス・ネブラウスカスの球速や球種の特徴は?どこの球団が獲得する?




この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© りょうさんの部屋 , 2020 All Rights Reserved.