全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここで気になる記事でも覗いてみてゆっくり過ごして行ってくださいヽ(`・ω・´)ノ

甲斐野央のプロフィールや選手の特徴・球速や球種について調べてみた

 







この記事を書いている人 - WRITER -

東洋大学の甲斐野央選手について取り上げます。

 

今年のドラフトの一番の目玉選手です!

大学No.1のピッチャーじゃないでしょうか。

 

ここでは甲斐野央選手のプロフィール選手としての特徴について、

また球速球種大学時代の投手成績について調べましたのでご紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

甲斐野央のちょっとしたプロフィール

生年月日 1996年11月16日(21歳)
出身地 兵庫県西脇市
身長 / 体重 186cm / 83kg
経歴 東洋大姫路→東洋大学
ポジション ピッチャー
投球打席 右投げ左打ち

 

名前が何て読むのかわからないですよね。

これは甲斐野 央で「かいの ひろし」と読みます。

「ひろし」で漢字変換するとちゃんと「央」が出てきますので、

当て字ではありません。

 

かっこいい名前ですよね(`・ω・´)ゞ

 

東洋大姫路時代は一年生の秋からベンチ入り。

甲子園の出場経験はありません。

高校時代にはストレートが143キロまでしか出ませんでしたが、

その当時からプロからのスカウトも注目されました

しかし本人は大学進学を選択しました。

 

 

東洋大学時代は一年生の秋からリーグ戦に出場。

この頃からストレートの急速を伸ばしていき、

2年生の春で150キロまで伸ばすことに成功しました。

 

3年生の秋になって先発ではなく救援での登板が続きました。

救援5勝、防2.02を記録し、最優秀投手、及びベストナインを受賞。

 

4年生の春先で157キロを計測、続くリーグ戦で159キロをマークしました。

 

 

大学通算で28試合に登板。そのうち救援が26試合。

6勝2敗 76.1回を投げて防御率が2.12

 

 

スポンサーリンク

甲斐野央の選手としての特徴

 

体格としては恵まれた体格をしています。

身長もあって球威のあるストレートを投げることが出来るのが特徴ですね。

 

ストレートはリリーフ登板時は常時145キロから150キロ出ますので

もしプロで抑えを任されてもちゃんと機能すると思いますね。

 

 

球種はスライダーカーブフォークツーシーム。

とくにフォークの制度が良く、これで三振を奪うことが出来ています。

 

大学の全国大会では通算3試合、5.2回を投げて10個の三振を奪っています。

奪三振率は15.88でした。

 

 

今後の課題として、四死球率が高めなのでコントロールの制度を上げていくこと

また大学時代はほとんど救援だったので先発の経験があまりないため、

先発で使うにはスタミナをつけることが今後の課題になってくるのではないでしょうか。

 

 

ここで甲斐野央のインタビュー動画を見つけましたので、

それも見てみてください!


 
スポンサーリンク

甲斐野央のプロスカウトの評価について

 

甲斐野選手についてのスカウトの評価についてですが、

どのスカウトの人も甲斐野選手を高く評価しており、

フォークの制度が良いことから「大魔神」と呼ばれた佐々木主浩選手になれるという評価や、

現在の横浜の抑えである山崎康晃選手のフォークとダブるという評価もありました。

 

やはり抑えとしての評価が高いですね。

 

今シーズンはどこの球団も抑えがあまり機能しなかったため、

将来の球団の守護神として甲斐野選手は非常に重宝されるのではないでしょうか。

 

正直ドラフト1位で競合する可能性は高いでしょう。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

今回は東洋大学の甲斐野央選手について取り上げました。

 

非常に楽しみな大学生投手なのでドラフトでどこの球団に入るのか注目です!

プロではおそらくセットアッパーか守護神を務めることになると思いますが、

前述した佐々木主浩、山崎康晃選手のような守護神になれることを期待したいですね(`・ω・´)ゞ

 




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です