全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここで気になる記事でも覗いてみてゆっくり過ごして行ってくださいヽ(`・ω・´)ノ

甲斐野央の球速や球種などの特徴について!彼女はいるかどうかも調査

2019/01/06
 







この記事を書いている人 - WRITER -

福岡ソフトバンクホークスから2018年ドラフト外れ外れ1位指名を受けて入団した甲斐野央選手について取り上げます。

 

なぜ外れ外れ1位なのか、よっぽど高校生選手がどの球団も欲しかったんでしょうね。
正直言って外れ外れ1位の選手ではないです。
それほどのポテンシャルの持ち主だと思ってます。

 

 

ここでは甲斐野央選手のプロフィール・球速や球種などの選手の特徴について
また彼女はいるのかどうかについても調べましたのでご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

甲斐野央のちょっとしたプロフィール

生年月日 1996年11月16日(21歳)
出身地 兵庫県西脇市
身長 / 体重 186cm / 83kg
投球打席 右投げ左打ち
ポジション ピッチャー
経歴 東洋大姫路→東洋大学→ソフトバンク

 

名前が何て読むのかわからないですよね。

これは甲斐野 央で「かいの ひろし」と読みます。
「ひろし」で漢字変換するとちゃんと「央」が出てきますので、
当て字ではありません。

 

 

かっこいい名前ですよね(`・ω・´)ゞ

 

 

東洋大姫路時代は一年生の秋からベンチ入り。甲子園の出場経験はありません。
高校時代にはストレートが143キロまでしか出ませんでしたが、その当時からプロからのスカウトも注目されました。

 

しかし本人は大学進学を選択しました。

 

 

東洋大学時代は一年生の秋からリーグ戦に出場。この頃からストレートの急速を伸ばしていき、2年生の春で150キロまで伸ばすことに成功しました。

 

 

3年生の秋になって先発ではなく救援での登板が続きました。
救援5勝、防2.02を記録し、最優秀投手、及びベストナインを受賞。

 

 

4年生の春先で157キロを計測、続くリーグ戦で158キロをマークしました。

 

 

大学通算で28試合に登板。そのうち救援が26試合。
6勝2敗 76.1回を投げて防御率が2.12という数字でした。

 

 

成績やストレートの速さから見ても良い素材だということが分かりますね。

 

 

スポンサーリンク

甲斐野央の球速や球種などの選手としての特徴について

 

体格としては恵まれた体格をしています。

身長もあって球威のあるストレートを投げることが出来るのが特徴ですね。

 

球速

 

ストレートはリリーフ登板時は常時145から150kmで、
大学時代には日本代表壮行試合で根尾昂選手(現中日)に対して投げた158kmが最速です。

 

なんだか最近160km近いストレートを投げれる選手が増えてきましたよねー!
これは純粋にすごい事だと思います。

 

球種

 

球種はスライダー・カーブ・フォーク・ツーシーム。
とくにフォークの制度が良く、これで三振を奪うことが出来ています。

 

 

大学の全国大会では通算3試合、5.2回を投げて10個の三振を奪っています。
奪三振率は15.88でした。

 

 

ストレート以外にも変化球で三振が奪えるのは大きいですよね。
ストレートを狙い撃ちされる可能性も低くなりますから。
フォークで三振が取れるなら先発でも中継ぎでも両方行けそうですよねヽ(`・ω・´)ノ

 

コントロール

 

コントロールに関してはあまり良くありません。

 

ピッチング動画を見てみたんですが、ストレートにしろ変化球にしろ、
ボールが高く行くケースが多い様に感じました。

 

 

高校や大学では制球が悪くてもストレートの球威などで抑えられたこともあったと思いますが、プロの世界ではなかなかそうにも行きません。

 

 

まずは制球力を安定させる事が課題だと思いますね。

 

スポンサーリンク

甲斐野央に彼女はいるの?

 

 

突然ですが甲斐野選手って、結構男前じゃないですか。

だから彼女さん居るんじゃないかなーなんて思ったんですよ。

 

 

なので調べてみました!

 

が!

 

全くと言って良いほど情報は見つかりませんでした(´-ω-`)

 

なのでこちらに関しては後日また追記していきます。

 

まあもしかしたら今はいないのかもしれませんがプロで活躍すれば直ぐに出来そうですし、もし今いるなら早い段階で結婚なんてしちゃったりするでしょうし。

 

気長に待つとします!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は福岡ソフトバンクホークスから外れ外れ1位指名を受けて入団した甲斐野央選手について取り上げました。

 

まとめますと・・・

  • 外れで指名される様な選手ではないポテンシャルの高い投手。
  • ストレートは平均で140〜150kmで最速は158km。
  • 変化球はスライダー・カーブ・フォーク・ツーシーム。
  • コントロールはあまり良くない。

 

という事でした。

 

この他にも・・・
当サイトでは2018年秋のドラフトで入団した新人選手の記事を他にも紹介しています。

よければこちらもご覧くださいヽ(`・ω・´)ノ

 

関連記事:杉山一樹の球速や球種などの特徴は?性格についても調べてみた

関連記事:野村大樹(ソフトバンク)の打撃や守備・走塁などの特徴について

関連記事:坂東湧梧の球速や球種などの特徴について!母親も若くて美人だった




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です