全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここで気になる記事でも覗いてみてゆっくり過ごして行ってくださいヽ(`・ω・´)ノ

ジャバリ・ブラッシュってどんな選手?打撃や守備の特徴について調査

 







この記事を書いている人 - WRITER -

楽天イーグルスが積極的に補強に動いていますね。
浅村選手を取ったり金銭で橋本到選手を取ったり育成枠で由規選手を取ったりと・・・

関連記事:橋本到ってどんな選手?走塁や打撃は?特徴について調査!
関連記事:由規のヤクルト退団理由って何?来季からは楽天でプレーか?!

 

 

来期が非常に楽しみな楽天ではありますが、さらに追加で助っ人外国人として
ジャバリ・ブラッシュ選手の獲得に乗り出そうとしています。

 

 

そこでここではブラッシュ選手とはどんな選手なのか、打撃や守備の特徴について調べましたのでご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ジャバリ・ブラッシュのちょっとしたプロフィール

出典:Yahoo!ニュース

出身地 アメリカ
生年月日 1989年7月4日(29歳)
身長 / 体重 195cm / 106kg
投球打席 右投げ右打ち
ポジション レフト・ライト
経歴 パドレス → エンゼルス

 

2010年のドラフト8位でマリナーズに入団しましたがその年はマイナーリーグの下の方でプレーしていました。
長らくマイナーでの暮らしが続いた後、2015年の12月にパドレスへ移籍。
この時にメジャー40人枠に登録されます。

 

 

2016年4月4日のドジャース戦でメジャーデビューしました。
この年は38試合に出場しています。

 

 

2017年はキャリアハイとなる61試合に出場して打率.213・5本塁打・16打点・1盗塁の成績でした。

 

 

今年は24試合の出場に止まるとそのままFAとなりました。

 

メジャー通算成績

試合 打数 安打 打点 本塁打 打率
123 274 51 22 8 .186

 

スポンサーリンク

ジャバリ・ブラッシュの打撃や守備の特徴について

 

さて、ブラッシュ選手の打撃や守備はどのような特徴があるのでしょうか。

 

まず打撃ですが下記の動画をご覧ください。

 

 

真ん中近辺から外側のストレートには強そうな感じがします。
パワーはありますので日本でも本塁打は期待できそうですね。
それにしてもホームランを打つときは本当に綺麗な放物線を描いていくような飛球ですね。
いかにもスラッガーと言える選手だと思います。

 

ちなみにマイナー時代では9年間で169本のホームランを打っています。
2015年には32本塁打を放っています。

 

 

そしてブラッシュ選手のもう一つの特徴としては、
「打率のわりには出塁率が高い」ということです。

 

 

2017年のAAA時代には72試合の出場で打率が.285でしたが出塁率が.419をマークし、
フォアボールも235打数で48個選んでいました。

なかなか選球眼が良い選手なんですよね。

 

それ以外の年でも

  • 2018年のAAAでも出塁率が.431(打率.317)
  • 2016年のAAAでも出塁率が.415(打率.260)
  • 2017年のメジャーでも出塁率が.333(打率.213)

 

という感じでマイナー時代は毎年のように出塁率が.350以上でした。
というかマイナー時代に出塁率が.350を下回った年はたったの1回だけでした。(それでも.347)

 

 

さらにメジャーに昇格してもその選球眼良さを発揮しています。

 

 

これは日本でも低めの変化球を見極められる可能性が高そうですよね。
そうなると一気に期待値が高まりますよね。

 

パワーに関しては申し分ありませんので、後はボール球に手を出すか出さないか。
結局外国人野手で一番鍵を握るのがここですからね。

  • 右投手なら外角に逃げていくスライダー系。
  • 左投手なら真下に落ちていくフォーク系。

ここを我慢できれば存在感がグッと上がっていくと思います。

 

 

守備に関してですが
動画の前半に守備を見ていると若干不安な感じがしますね。
ライトライナーのボールですが目測を誤っている気がしたんですが。
なんとかアウトにできていますがちょっと不安かもしれません。

 

 

に関してはそれほど弱い訳ではなさそうですね。
ただ特別強い訳でもなさそうなので無難といった所でしょうか。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回はジャバリ・ブラッシュ選手について取り上げました。

 

 

まとめますと・・・

 

  • 楽天が獲得調査している右の大砲。
  • ホームランは期待できる。
  • 出塁率が高いのがポイント。
  • 守備に関してはイマイチ。

 

という事でした!

 




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です