全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここで気になる記事でも覗いてみてゆっくり過ごして行ってくださいヽ(`・ω・´)ノ

伊藤拓郎はなぜ消えた?大谷翔平以上の素質を持った剛腕の現在を調査

 







この記事を書いている人 - WRITER -

12月2日に放送される「消えた天才」で取り上げられる伊藤拓郎さんについて取り上げます。

 

 

高校時代には甲子園にも出場しており、あの大谷翔平選手よりも素質が高いと高評価だった人が、現在はどこで何をしているのか、なぜ消えてしまったのか。

 

 

ここでは伊藤拓郎さんのプロフィール現在の職業なぜ消えたのか

調べましたのでご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

伊藤拓郎のちょっとしたプロフィール

出身地 東京都練馬区
生年月日 1993年4月2日(25歳)
身長 / 体重 185cm / 90kg
投球打席 右投げ右打ち
ポジション 投手
経歴 帝京高等学校→横浜DeNA→群馬DP

 

高校は帝京高等学校で甲子園にも出場しています。

 

一年生の春から公式戦に登板しており、背番号18でベンチ入りした第91回全国高等学校野球選手権大会の敦賀気比高戦の9回2死からリリーフとして登板し甲子園デビューを果たします。

この時に高校一年生ながらストレートが148kmを計測。
一年生でのストレート最高球速を叩き出しました。

 

 

高一で148kmは凄いですよね。
ちなみにそれまでの最速は元日本ハムの中田翔選手の147kmが最速でした。
中田選手は当時はエースで4番だったんですよねー!

たった1kmの差ではありますが野球をやっている方であればわかると思います。
この1kmを更新するのがどれほど大変なことか。

 

 

ちなみにあの大谷翔平選手ですら一年生の頃は147kmが最速でした。

 

 

伊藤選手は高校一年生ながらプロのスカウトから
「すでにドラフト1位レベル」と言わせた存在となりました。

 

 

これは「とんでも級」な存在となるはずだった伊藤選手でしたが、
その後は特に目立った活躍がないままプロ野球の世界に足を運ぶ形となりました。

横浜DeNAベイスターズからドラフト9位で指名されプロ入りしています。

 

 

一年生から騒がれていた伊藤選手がなぜこの様な結果となってしまったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

伊藤拓郎が消えた理由について

出典:NumberWeb

 

伊藤選手は2011年のドラフトで9位指名で横浜DeNAに入団しています。

 

しかし結果は3年で戦力外通告を受ける形となっています。
高校一年生時点でドラフト1位レベルだった選手がなぜこの様になってしまったのでしょうか。

 

 

理由は高校時代に怪我をしたからでした。

 

一年生の時に148kmという最速記録を出したことにより周囲の評価も上がって、
その期待に答えようと無理をした結果、2年生の時に右ひじを故障してしまいました。

 

 

そこからフォームを乱して制球力を失いかつての剛腕も影を潜めてしまいました。

 

 

さらにさらに、これはwikiに書いてあったのですが、
同じ年に帝京高校の野球部から投手コーチが退任したことにより投手を指導できる人物がいなくなった事があり、そこからさらに伸び悩んだそうです。

 

 

これに関してはなぜ他の投手コーチを招集しなかったのか疑問が残ります。

帝京の野球部なら喜んで引き受けてくれるコーチもすぐに見つかると思うんですがね。

 

 

まあそんな事があって伊藤選手も「これではダメだ」と思い、三年生の時に剛球を捨てて技巧派に移り変わりました。

 

ここでそこそこの結果を残す事ができたので、ギリギリではありますがプロから指名が入ったんですね。

 

しかしDeNA時代はプロ1年目の2012年に一軍で2試合の出場に止まり、
それ以降は怪我との闘いもあって結局3年で戦力外通告を受けました。

 

 

伊藤選手は高校二年生の時の怪我の影響が結局最後まで響いた形となり、
野球の表舞台から姿を消す事となったんですね(´-ω-`)

 

スポンサーリンク

伊藤拓郎の現在の職業について

 

プロの世界を戦力外となった伊藤選手は現在何をしていらっしゃるのでしょうか。

 

調べたところ、現在は新日鐵住金鹿島の硬式野球部に所属している事がわかりました。
社会人野球でプレーしているということですね。

 

 

実はその前に独立リーグの群馬ダイヤモンドペガサスというチームでプレーしていました。

 

伊藤選手は横浜DeNAを戦力外となった後、12球団合同のトライアウトを受験したのですが、不合格となり行き場のない状況でした。

しかし元チームメイトで、当時は群馬ダイヤモンドペガサスのシニアアドバイザーに就任していたアレックス・ラミレス氏による勧誘で独立リーグの群馬に入団することになったんですね!

 

 

独立リーグの群馬では2015年から2017年の3年間プレーし、
通算27勝・314イニングを投げて246個の奪三振・防御率は3.18という好成績でした。

 

この間にストレートの球速は146kmまで出る様になっていました。
(戦力外を受けた頃は138kmまで落ち込んでいました。)

 

 

ラミレス氏の「絶対にNPBに戻れるから頑張ろう!」という励みの言葉と、
伊藤選手自身の「もう一度頑張ってみよう!」という気持ちが球速回復と好成績に繋がったんですね!

 

 

そして今年からは社会人野球で野球をプレーしています。

 

もしかしたら近い未来にまたNPBに戻ってこれるかもしれませんねヽ(`・ω・´)ノ

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は伊藤拓郎選手について取り上げました。

 

まとめますと

  • 大谷翔平よりも速い148kmを高校一年生時に叩き出した天才投手。
  • しかし怪我とコーチ不在で伸び悩んだ。
  • プロでは通用せずに戦力外に。
  • しかし独立リーグで結果を出し、現在は社会人野球チームでプレー。
  • 近い未来にNPB復帰か?!

 

という事でした!




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です