全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここで気になる記事でも覗いてみてゆっくり過ごして行ってくださいヽ(`・ω・´)ノ

生駒芳子の経歴や出身地・年齢などをご紹介!ブランド「ひるめ」って?

2019/06/04
 







この記事を書いている人 - WRITER -

4月28日放送の「林先生の初耳学」で登場する生駒芳子さんについて取り上げます。

 

アンミカ 先生と一緒にパリコレ2期生のファッション審査をされる方です。

 

▼4月28日放送のパリコレ2期生ファッション審査についてはこちらから!▼

関連記事:パリコレ学2期生のファッション審査結果は?【林先生の初耳学】

 

 

ここではそんな生駒さんの

 

  • プロフィール
  • 経歴
  • 出身地
  • 年齢
  • ブランド「ひるめ」って?

 

 

についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

生駒芳子のちょっとしたプロフィール

 

出身地 兵庫県宝塚市
生年月日 1957年
血液型 AB型
経歴 茨城高校→東京外国語大学

 

パリ、ミラノでのコレクション取材、ファッション界、アート界のVIPへのインタビューを重ね、新聞・雑誌で執筆。

 

VOGUE, ELLEでの副編集長を経て、2004年よりマリ・クレール日本版・編集長に就任。
社会派の記事を取り込んだ日本で初めてのファッション誌として、話題を呼ぶ。

 

2008年11月独立。ファッション・アート・ライフスタイルを核として、社会貢献・エコロジー・社会企業・女性の生き方まで、講演会出演、プロジェクト立ち上げ、雑誌や新聞への執筆に関わる。

 

日本の伝統工芸を世界発信するプロジェクト「工芸ルネッサンスWAO」の総合プロデューサーを務め、パリ、ニューヨーク、東京で、ファッションやデザイン、アートを切り口としたキュレーションで伝統工芸世界を紹介。

 

内閣府クール・ジャパン戦略会議構成員、経済産業省産業構造審議会委員、公益財団法人三宅一生デザイン文化財団理事、NPO「サービスグラント」理事、JFW(東京ファッションウィーク)コミッティ委員、ウィメンズ・エンパワーメント・イン・ファッション理事、エシカル・ファッション・カレッジ理事長等。

 

エスモード・ジャポン、杉野服飾大学で講師を務め、2013年春からは東京成徳大学経営学部ファッションビジネスコースの特別招聘教授を務める。

出典:GLOBIS 知見録

 

 

マリ・クレールとはフランスを代表するブランドの一つですね。

 

 

View this post on Instagram

 

🇯🇵: marieclaire bis新作リュックサックご紹介。 ・ 軽くて沢山入る機能的なのはもちろんのこと、メインポケットの開け口が背中側に付いているのでセキュリティー的にも安心。これからの季節、お出かけや旅行にヘビロテ間違いなしですね! ・ ※LEE web magazineに掲載されています。 ・ ・ 🇬🇧: Introducing our new Marie Claire bis backpack. Light and accessible, this bag ensures style and security without compromise. As we approach warmer seasons, this backpack will become a definite must-have. ・ *Featured on LEE Web Magazine ・ Price: 4,500円 (税抜) Calor:モープピンク 29(W)x28(H)x14(D) ・ #marieclaire #マリクレール #リュックサック #リュックサック #春 #令和 #ss19 #ピンク #レディース #おしゃれ #コーデ #パリ #backpack #ladies #pink #luxury #fashion #style

マリ・クレール (Marie Claire Japan)さん(@marieclairejp)がシェアした投稿 –

 

さらにこれまで100回以上のパリコレの取材をしてきた、まさにパリコレ博士!
パリコレの事なら何でも知ってそうですよねヽ(`・ω・´)ノ

 

現在はジャーナリスト以外にも大学で講師も務めていらっしゃり、多岐に渡って活躍されているファッションのプロフェッショナルな方ですね。

 

 

スポンサーリンク

生駒芳子プロデュース「ひるめ」って?

 

生駒さんがプロデュースしたブランド「ひるめ」についてご紹介します。

 

“HIRUME”とは日本の伝統工芸品をベースにジュエリーやファッションを発信するブランドです。

出典:https://ameblo.jp/yoshie-iwai/entry-12440438272.html

 

1枚目の写真は西陣織の絹のコートで職人が全て手作業で作ったコートになります。
お値段は¥450,000です!

 

 

さらにバッグは竹細工のバッグで、こちらもお値段¥380,000の代物です。

 

 

筆者はファッションに疎いのですが、このコートは見るからに高級感が感じられます。

 

ファッションに日本の伝統工芸品を織り交ぜたという所が凄いですよね。

一見不釣り合いな印象を受けてしまいますが、そこには日本の職人さんの技も取り入れられていますから一気に高級感溢れる商品に感じられます。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回はファッションジャーナリストの生駒芳子さんについて取り上げました。




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© りょうさんの部屋 , 2019 All Rights Reserved.