全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここで気になる記事でも覗いてみてゆっくり過ごして行ってくださいヽ(`・ω・´)ノ

廣澤優の球速や球種・コントロールなどの特徴は?スカウトの評価についても!

 







この記事を書いている人 - WRITER -

日大三高の廣澤優選手について取り上げます。

 

 

2019年秋のドラフトでプロから指名がかかる可能性の高い選手ですね。
去年の夏の甲子園にも出場しており、龍谷大平安と金足農業戦に登板していました。

 

 

長身の右の本格派の投手という事で既にプロ球団からの評価が高いですよねヽ(`・ω・´)ノ

 

 

そこでここではそんな廣澤選手の

 

  • ちょっとしたプロフィール
  • 球速や球種・コントロールなどの特徴について
  • プロからの評価について

 

 

こちらについてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

廣澤優のちょっとしたプロフィール

出身地 東京都世田谷区
生年月日 2001年
身長 / 体重 193cm / 83kg
投球打席 右投げ右打ち
ポジション 投手
経歴 日大三高

 

 

高校時代は1年生の秋から控え投手としてベンチ入りしていました。
2年生の春の都大会から主力として5戦18.2回で17奪三振、防御率4.82という成績を残しました。

 

 

同年の夏には甲子園に出場し、龍谷大平安と金足農業戦に先発登板しています。

結果は龍谷大平安戦が5回を投げて被安打2・奪三振3・四死球2・失点2
金足農業戦には3回と2/3を投げて被安打6・奪三振2・四死球2・失点1で負け投手

 

という成績でした。

 

 

 

2018年の夏の甲子園大会の金足農業戦と言えば現日本ハムの吉田輝星選手がブイブイ言わしていた時でしたね。

 

 

そして3年生の夏の甲子園大会では既に予選でも登板しており、予選3回戦の桐棚高校戦と4回戦の聖徳学園戦に登板しています。

特に聖徳学園戦では4回を投げて被安打1・奪三振7・無失点の好投を見せています。

 

 

スポンサーリンク

廣澤優の球速や球種・コントロールなどの特徴について

 

廣澤選手の球速や球種・コントロールなどの特徴についてご紹介していきます。

 

 

球速

 

ストレートの最速は148km。
リリーフ登板の時には常時140前半のストレートを投げることができます。

 

 

2年生の夏の甲子園大会・龍谷大平安戦で自己最速の148kmをマークしています。

 

 

何と言っても身長193cmの長身ですので非常に角度がありますよね。
威力も十分にあると思います。

 

球種

 

変化球はスライダー・カーブ・フォーク・チェンジアップを投げます。

 

 

チェンジアップが125km前後とストレートと20km近く差がありますので緩急が非常に効いています。
その為打者はタイミングを取るのが難しいでしょうね。

 

 

基本的には緩い変化球と速いストレートで緩急を付けるピッチングが特徴です。

 

コントロール

 

コントロールに関してはあまり良くありません。

 

 

四死球の数と言うよりも1球1球にコントロールのバラツキが見られます。

 

上の動画の2:17からの投球(三振を奪ったシーン)はキャッチャーがアウトコースに構えているところを逆球でインコースに抜けてしまっています。
結果空振りを取れているのでOKですが、ここからも分かる通り精密なコントロールはまだ持ち合わせていないでしょう。

 

 

もし今年プロ入りするならばこのコントロールの改善は課題となるでしょうね`‐ω‐´)

 

総評

 

廣澤選手もまた右の本格派の投手なので将来性は十分にあるでしょう。

 

 

個人的に思ったのは広島のアドゥワ誠投手に似ているかなと思いました。

 

 

ストレートの速さ・変化球の種類・投球フォーム的にも似ている所があるかなと感じました。

 

 

ただ一つ、個人的に思ったのは廣澤選手は投球時に身体が一塁方向に流れる事がたまにあるのかな〜と気になりました。

 

 

身体が一塁に流れると言う事は体にもそれだけ負担がかかり、怪我しやすくなってしまいます。
外国人投手に良く見られる現象ですが、廣澤選手も非常に恵まれた体格ですし身長も高いですからね。

 

 

少しバランスが悪いのを改善すればスゴく良い投手になれるのではないでしょうかヽ(`・ω・´)ノ

 

 

スポンサーリンク

廣澤優のプロからの評価について

 

現段階で、廣澤選手のプロスカウトの評価についてご紹介します。

※こちらに関しては随時追記していきます。

 

巨人・青木スカウト・・・「角度があって力強く(腕が)振れる。安定していたし、変化球もうまく使えていた」

 

出典:https://www.draft-kaigi.jp/highschool/high-draftnews/47348/

 

まず巨人のスカウトが評価をしています。
この時は丁度2日前の7月19日、廣澤選手が聖徳学園戦に登板した時にコメントしていたものです。
この日は巨人がスカウト6人体制で廣澤選手の視察に行っていました。

 

 

廣澤選手も東京都の出身ですし、巨人には憧れがあるかもしれませんよね!

 

 

巨人は去年のドラフトでも身長の高い高校生投手を下位で指名していましたね。
今年も長身投手の獲得に乗り込んでくるのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は日大三高の廣澤優選手について取り上げました。

 

 

まとめますと・・・

 

まとめ
  • 2年生時に最速148kmのストレートを投げた長身で右の本格派。
  • 変化球はスライダー・カーブ・フォーク・チェンジアップを投げる。
  • コントロールは悪い。
  • 投球時に身体が一塁方向に流れる癖があるように感じる。
  • 広島のアドゥワ誠選手に投球スタイルが似ている気がする。

 

 

という事でした。

 




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© りょうさんの部屋 , 2019 All Rights Reserved.