全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここで気になる記事でも覗いてみてゆっくり過ごして行ってくださいヽ(`・ω・´)ノ

海老原一佳の打撃がパワフルすぎる!強烈な打球とスイングで”柳田二世”確定か!?

 







この記事を書いている人 - WRITER -

去年、北海道日本ハムファイターズから育成ドラフト1位として入団した海老原一佳選手について取り上げます。

 

日本ハムが球団史上初めて育成ドラフトで選手を獲得した第一号がこの海老原選手なんですねー!
育成選手ではありますが、そのパワフルな打撃・打球・スイングが話題になっています。

 

 

ここではそんな海老原一佳選手について下記のテーマをご紹介していきます。

 

  • プロフィール
  • パワフルなスイング・打球について

 

スポンサーリンク

 

海老原一佳のちょっとしたプロフィール

出身地 東京都昭島市
生年月日 1995年9月13日
身長 / 体重 188cm / 92kg
投球打席 右投げ左打ち
ポジション 外野手
経歴 創価高等学校→創価大学→富山GRNサンダーバーズ→北海道日本ハム

 

高校時代は「5番・センター」としてレギュラーに定着していましたが甲子園の出場経験はありません。
高校卒業後は系列校の創価大学に進学。

 

 

大学時代は相次ぐ怪我の影響でほとんど公式戦に出場する事が出来ず、
4年間で47試合に出場、打率.168、4本塁打、21打点という成績でした。

 

大学卒業後は社会人野球でプレーを試みましたが叶わずに、独立リーグの富山GRNサンダーバーズのトライアウトを受けました。
そこで合格し2017年11月15日付で、特別合格選手として入団しました。

 

 

2018年は独立リーグで47試合に出場。
164打数54安打、9本塁打、32打点、打率.329、出塁率.451という好成績でした。

 

結構出塁率も優秀ですよね`‐ω‐´)

 

 

そして2018年の秋のドラフトで北海道日本ハムファイターズから育成ドラフト1位で指名を受け入団しています。

 

年俸260万円・背番号は「144」となっています。

 

スポンサーリンク

海老原一佳の打撃がパワフル!”柳田二世”確定か?!

 

海老原選手の打撃がとにかくパワフルで素晴らしい打球を飛ばしているんですよ!

 

 

これは紅白戦の時の海老原選手のバッティングなのですが、とにかくスイングが速い!
鋭いスイングで打球も速いライナーが飛んで行ってますよね。

 

 

体格も大きいので打席に立った時の雰囲気も抜群です。

 

 

さらに9回の最終打席のヒットは去年ロッテで4番を打っていた井上晴哉選手のような見事なバッティングでしたね。
井上選手も外国人みたいな体型で物凄いスイングを見せてくれます。

 

 

海老原選手は左打ちで外野手、さらにこれほどのスイングと打球の速さなので“柳田悠岐二世”になれる可能性は十分あるんじゃないでしょうか!

 

 

こちらはつい先日の2軍の試合で海老原選手がタイムリーを打った所です。
本当に打球があっという間に外野の間を抜けて行っています。

 

 

さらに足の速さもあるという事でこれはもう柳田二世で文句ありませんねヽ(`・ω・´)ノ

 

 

非常に期待できる若手が日本ハムに入ってきました!
これから2軍で実戦を多く積んで早く1軍の舞台で活躍が見れることを楽しみにしたいですね!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は北海道日本ハムファイターズの海老原一佳選手について取り上げました。

 

 

1,2年後には1軍で活躍して欲しいと個人的に思っています!
早くプロの投手の球に慣れていって将来の日本ハムの4番を打てるように頑張って頂きたいですねヽ(`・ω・´)ノ

 




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© りょうさんの部屋 , 2019 All Rights Reserved.