全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここで気になる記事でも覗いてみてゆっくり過ごして行ってくださいヽ(`・ω・´)ノ

ダン・ストレイリーの球速や球種・過去成績について調査!阪神入りの可能性は?

 







この記事を書いている人 - WRITER -

プロ野球選手のダン・ストレイリー選手について取り上げます。

 

ストレイリー選手を阪神タイガースが獲得に動き出す可能性があるという事です。

 

 

阪神の本命はアルカンタラ選手だとは思うのですが、複数の球団が興味を示しているということで、

争奪戦に負けた場合に備えてストレイリー選手の動向も注視しているということです。

関連記事:ラウル・アルカンタラの球速や球種・成績について!阪神入りの可能性はある?

 

 

そこでここではストレイリー選手のちょっとしたプロフィール・過去成績・球速や球種、コントロールの特徴についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

ダン・ストレイリーのちょっとしたプロフィール

 

出身地 アメリカ合衆国
生年月日 1988年12月1日(31歳)
身長 / 体重 188cm / 98kg
ポジション 投手
投球打席 右投げ右打ち
経歴 アスレチックス→他5球団→ロッテジャイアンツ

 

2009年のMLBドラフト24位でオークランド・アスレチックスからで指名を受けプロ入りしています。

しばらくマイナーリーグでプレーした後、2012年にメジャー初昇格。

8月3日のブルージェイズ戦にてメジャー初登板初先発を果たし、6回を投げ5奪三振、1四球、自責点1という好成績を残しましたが勝敗はつきませんでした。

 

 

2016年にはメジャーで34試合に登板して14勝8敗というキャリアハイの成績を残しています。

翌年17年にも10勝をマークしてメジャーにて2年連続二桁勝利を挙げています。

 

その後は登板の数を減らしてしまい、2020年は韓国リーグであるロッテ・ジャイアンツに移籍しています。

 

ストレイリーの成績について

 

2020年成績

試合 イニング 奪三振 四死球 防御率
31 15 4 194.2 205 58 2.50

 

メジャー通算成績

試合 イニング 奪三振 四死球 防御率
156 44 40 803.1 681 349 4.56

 

マイナー通算成績

試合 イニング 奪三振 四死球 防御率
159 62 49 872 919 306 3.91

 

メジャーやマイナーでも十分実績のある投手ですね。

マイナーと今年の韓国リーグではイニング数以上の三振を奪うことができています。

 

スポンサーリンク

ダン・ストレイリーの球速や球種・コントロールの特徴について

 

ここからはストレイリー選手の球速や球種・コントロールの特徴についてご紹介していきます。

 

かなり古いですが、13年4月5日のストレイリー選手の投球動画になります。↓

 

こちらは今年のストレイリー選手です。↓

 

 

ヒゲが立派ですね〜`‐ω‐´)

D.J.ジョンソン選手を思い出します。

 

球速

 

ストレートの最速は95マイル(152.8km/h)です。

これはメジャー初昇格を果たした2012年にマークしています。

それ以降は球速の記録を更新しておらず、豪速球タイプの投手ではありません。

 

 

ストレートの平均球速はだいたい90.9マイル(145.9km/h)ということで、

先発投手としては平均的な球速だと思います。

 

 

メジャー時代では通算の被打率が.282ということで、メジャーではあまり速くありませんが、

それなりに抑えている数字ですね。

 

年代 被打率
2012年 .312(77打数24安打)
2013年 .254(232打数59安打)
2014年 .333(84打数28安打)
2015年 .500(22打数11安打)
2016年 .262(275打数72安打)
2017年 .281(263打数74安打)
2018年 .263(190打数50安打)
2019年 .342(79打数27安打)
通算 .282(1222打数345安打)

 

ちなみに2020年のストレートの被打率については情報が見つかりませんでした。

 

球種

 

変化球の持ち玉はスライダー・カーブ・チェンジアップ・ツーシームです。

 

 

この中でもスライダー・チェンジアップの投球の比率が高く、カーブはメジャーでも近年は数球程度しか投げていません。

決め球はスライダーで、メジャーでもスライダーが変化球の中で一番数多くの三振を奪えています。

 

 

コントロール

 

 

  • 今季は韓国で194.2回を投げて与えた四球が51個(四球率=2.36
  • メジャー通算で803.1回を投げて与えた四球が312個(四球率=3.50)
  • マイナー通算で872回を投げて与えた四球が262個(四球率=2.70

 

という事で、コントロールはなかなか良さそうですね。

 

ストレイリーは被本塁打率が高かったが、今年は韓国で劇的改善!

 

ストレイリー選手はメジャー時代はHR/9(被本塁打率)がやや高かったのですが、今年は韓国リーグでその数字が劇的に改善されています。

 

  • メジャー通算・・・803.1回を投げて143本の被本塁打(HR/9=1.60)
  • 今季・・・194.2回を投げて10本の被本塁打(HR/9=0.46

 

9イニングを投げて0.46本のホームランしか打たれていないという事で、非常に素晴らしい数字を残しています。

 

ちなみにこの数字は今季のオリックス山本由伸選手のHR/9に匹敵するレベルの数字です。

  • 山本由伸(2020年)・・・126.2回を投げて6被本塁打(HR/9=0.43)

 

 

日本でも今年と同等の数字を残せればかなり期待できる投手になるんじゃないでしょうか!

 

スポンサーリンク

ダン・ストレイリーの来季阪神入りの可能性について

 

こちらに関してですが、調べてわかったことは、

「現段階では阪神がストレイリーの動向を注視している」

ということだけです。

 

先ほどもご紹介しましたが、阪神の本命はおそらくラウル・アルカンタラ選手だと思います。

もしアルカンタラ選手が獲得できなかった時の保険として動向を注視しているということなので、

来季必ず阪神に入るという事ではありません。

関連記事:ラウル・アルカンタラの球速や球種・成績について!阪神入りの可能性はある?

 

 

\プロ野球・メジャー観るならDAZN!/

月額1750円で野球を含む130以上のスポーツコンテンツが見放題!

 

初回登録で1ヶ月無料トライアルもあります。

 

もちろん無料トライアル期間中に解約もできるので、安心です。

 

 

DAZN公式サイトはこちら!

 

 

 

※DAZNの詳しい登録方法や解約方法についてはこちらをご参照ください。

 

 

スポンサーリンク

「ダン・ストレイリーの球速や球種・過去成績について調査!阪神入りの可能性は?」まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は「ダン・ストレイリーの球速や球種・過去成績について調査!阪神入りの可能性は?」について取り上げました。

 

まとめますと・・・

 

まとめ

  • 今年韓国リーグで15勝をマークした31歳の外国人投手。
  • ストレートの最速は152.8km/hで、平均球速は145.9km/h。
  • 変化球の持ち玉はスライダー・カーブ・チェンジアップ・ツーシーム。
  • コントロールはなかなか良い。
  • 被本塁打率がメジャー時代は高かったが、今年は韓国で劇的に改善されている。
  • 来季阪神入りの可能性は今の所不明。

 

という事でした。

 

2021年新外国人選手情報!

 

関連記事:メル・ロハスの打撃や守備の特徴や過去成績について!来季オリックス入りは確実?

関連記事:ドヴィダス・ネブラウスカスの球速や球種の特徴は?どこの球団が獲得する?

関連記事:ケビン・クロンの阪神入団は本当なの?オリックスという声も!

関連記事:ラウル・アルカンタラの球速や球種・成績について!阪神入りの可能性はある?




この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© りょうさんの部屋 , 2020 All Rights Reserved.