全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここで気になる記事でも覗いてみてゆっくり過ごして行ってくださいヽ(`・ω・´)ノ

auの新料金プランが安くなくて酷い?注意点と最安値で契約する条件とは?

2020/12/11
 







この記事を書いている人 - WRITER -

先日ドコモから新しい料金プラン”ahamo”が発表されましたが、それに乗じてauからも新しい料金プランが発表されましたね。

 

しかし料金表の複雑さや内容の酷さが際立ってしまい、運営開始前からかなりの酷評となっていますね(´-ω-`)

 

 

ただ割引サービスが多く書かれているという事で料金表がパッと見複雑に見えるだけで、一個一個整理して見ていくと理解できると思いますが、整理して見ても最終的には「結局これ安くなくね?ちょっとひどくね?」という感想を持つ方が殆どじゃないかなと思いましたね。

 

 

そこでここではauの新料金プランが安くなくて酷い?注意点と最安値で契約する条件についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

auの新料金プランはが安くなくて酷い?

 

今回発表された新料金プランですが、料金を表にすると下記のようになります。

 

 

まあ確かに一見しただけだと書いてある事が多すぎて「ややこしい!」ってなってしまいますよね。

しかし一つ一つまとめてみると意外とそうんなに複雑でもない事がわかってきます。

 

 

「データMAX 5G with Amazonプライム」を例にしますと、

一つも割引サービスが適用されないのであれば月額9350円という事になります。

 

と言っても自動的に適用される割引が4つありますので、9350円から幾らかはマイナスされますが、

それ以降は人によって割引サービスが適用される方とされない方と別れていき、人によって値段が異なっていきます。

 

2年契約N適用・・・特に何も申し出がない場合は「2年契約N」が自動で適用されます。

更新期間 (2年契約N満了月の当月、翌月、翌々月の3カ月間) 以外に途中解約などがあった場合、契約解除料 (1,000円) がかかります。(自動適用:−170円)

 

 

 

家族割プラス・・・家族内で「データMAX 5G with Amazonプライム」を契約している人数が多くいればいるほど割引額がアップするわけですね。(2人=-500円 /3人=-1000円 /4人=-2020円)

 

今回の新料金を自分一人だけで契約してしまうと、「家族割プラス」の恩恵を受けられません。

ご家族の方も今回の新料金プランに契約すれば、その人数分だけみんなが割引を永久に受けられるという仕組みです。

 

 

スマートバリュー・・・自宅のネット回線や固定電話が対象の回線サービスを使っているかどうかでこの割引の対象になるかが決まります。(永年-1000円)

「auひかり」や「eo光」・「コミュファ光」などの回線を使っている方はスマートバリューの対象になります。

 

 

スマホ応援割III・・・今年の10月から始まったサービスで、新規契約・機種変更などで対象の料金プランに加入する事で割引を受ける事ができます。(−1400円)(自動適用:契約月の翌月から6ヶ月間)

 

 

5Gスタート割・・・これも今年の10月から始まったサービスで、新規契約・機種変更などで対象の料金プランに加入する事で割引を受ける事ができます。(−1000円)(自動適用:契約月の翌月から12ヶ月間)

 

 

auワイド学割(U29MAXプラン)・・・29歳以下の方が契約すると割引されるサービス。(−1300円)(自動適用:契約づきの翌月から6ヶ月間)

 

という事で、契約時に特に何もしなくても自動的に適用される割引が

「2年契約N(−170円)」「スマホ応援割III(−1400円)」「5Gスタート割(−1000円)」「auワイド学割(−1300円)の4つですね。

単身一人で今回の「データMAX 5G with Amazonプライム」を契約した場合、毎月の利用料は

5480円(2ヶ月目から7ヶ月目まで)→

8180円(8ヶ月目から13ヶ月目まで)→

9180円(14ヶ月目以降)

 

という事になります。

 

全ての割引が適用されると2460円ということになりますね。

割引サービスが多いものの、期間限定での割引だったりするので、途中で急に利用料がグンと上がってしまうのが特徴ですね。

スマートバリューや家族割は永久に割引が適用されるのですが、スマホ応援割や5Gスタート割は期間限定の割引サービスなのでいずれ無くなります。

 

 

もうピンときた方もいらっしゃると思いますが、決して安いプランではないですよね(´-ω-`)

確かにデータ通信が無制限でできる上に動画配信サイトのTERASAやアマゾンプライム・Netflixが無料で利用できるという点は非常に大きいですが、

そもそもそんなの観ないよ?という方にとっては全く不必要なオプションな訳です。

 

 

動画配信サイトなんてアマゾンプライムやTERASA以外にもあるわけですから。

そちらの方が好きだという方からすれば今回の新料金プランは全く必要のないものになります。

 

スポンサーリンク

au新料金プランを最安値の2460円で利用するための条件と注意点について

 

結局広告にあるような2460円という安い利用料で利用するための条件とは何なのでしょうか。

まず3760円で利用するためには・・・

 

  • 「データMAX 5G with Amazonプライム」or「データMAX 5G Netflixパック」を契約する事。
  • 2年契約をする事。
  • 家族割プラスを最大限活かすために、家族4人以上で契約する事。
  • スマートバリューを適用させる事。

 

これが条件になります。

しかも注意点としてこれらの条件を全て満たして2460円で利用できるのは契約の翌月から6ヶ月間だけです。

2年間ずーっとこの値段で使えるわけではありません。

 

8ヶ月目からはスマホ応援割と学割が消滅してプラス2700円されます。(2460円+2700円=5160円)

さらに13ヶ月目からは5Gスタート割が消滅してさらにプラス1000円されます。(5160円+1000円=6160円)

 

1年後には2460円が6160円ですよ?!

 

 

まず2460円にするための全ての条件をクリアするだけでも厳しいのに、

そこをクリアしてもたった半年しかその恩恵を受けられないなんてね・・・(´-ω-`)

ハードルがあまりにも高過ぎる上にお得感が全く得られません。

 

これじゃなかなか厳しいですよね。。。

 

スポンサーリンク

auの新料金プランはどのような人にとってお得なのか?

 

こちらに関してですが、

家族全員が今回の新料金プランに契約して、全ての割引が適用され、アマゾンプライムやNetflix・TERASAをよく利用する方、家にWiFiがなくてデータ通信をめちゃくちゃたくさん使う超ヘビーユーザーorデータ通信をほとんどしない超ライトユーザーにとってはお得なプランだと思います。

 

 

逆にお得じゃない方というのは・・・

 

  • 今回の新料金プランを一人で契約される方。
  • 割引サービスがあまり適用されない方。(スマートバリューなど)
  • データ通信量をそんなに多く使わない方。(家にWiFiがある方など)
  • データ通信量を月2GB以上使う方。

 

といった方々でしょうかね。

今回紹介された3つの新料金プランにはそれぞれに、「データ通信が2GB以下の場合」の料金表もまとめてありますよね。

これは普段スマホでネットしたり動画見たりしない方、家にWiFiがあって外ではほとんど使わないと言った方であれば良いと思うのですが、これに当てはまる方といえば専業主婦や小さなお子さんが対象になりそうですよね。

 

例えば子供が二人いる4人家族で、家にWiFiがあって母親が専業主婦で・・・という事であれば一家全員で今回の新料金プランにすればお得になるかなとは思います。(それでもスマートバリュー適用は必須になりますが)

 

スポンサーリンク

au新料金プランの概要について

 

料金プラン名 「データMAX 5G with Amazonプライム」

「データMAX 5G Netflixパック (P)」

データMAX 5G ALL STARパック (P)

運営開始日 12月11日(金)から

※データMAX 5G ALL STARパック (P)は2021年1月以降

申込方法 auショップ、au Style、KDDI直営店、au取扱店、

au Online Shop、My au、お客さまセンターなど

 

スポンサーリンク

世間の反応について

 

 

ツイッターは大荒れです。

かなり辛辣なコメントも見受けられました。

まあでもこの内容じゃ仕方ないと言わざるを得ないと個人的にも思いますね(´-ω-`)

 

動画配信サイトを絞ってプランの中に埋め込んでいるのが個人的にどうも納得できないですね。

これがあるから月額利用料が9000円台になっていると思うのでね。。。

すでに他の動画配信サイトを継続的に利用しているユーザーにとっては何もメリットがなく、auに流れてくれませんよね。。。

 

スポンサーリンク

「auの新料金プランが安くなくて酷い?注意点と最安値で契約する条件とは?」まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は「auの新料金プランが安くなくて酷い?注意点と最安値で契約する条件とは?」について取り上げました。




この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ryo's room , 2020 All Rights Reserved.