全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここで気になる記事でも覗いてみてゆっくり過ごして行ってくださいヽ(`・ω・´)ノ

アダム・コンリーの球速や球種の特徴について!過去成績もご紹介

2020/12/13
 







この記事を書いている人 - WRITER -

メジャーリーガーのアダム・コンリー投手について取り上げます。

 

本日11月28日に速報として出ましたが、東北楽天ゴールデンイーグルスが新外国人選手としてコンリー選手を獲得調査していることが明らかになりました。

・追記

12月12日に野手のディクソン選手と共に正式に獲得を発表しました。

 

 

契約年数 1年契約
年俸 7280万円
背番号 未定

 

楽天は既に野手の新外国人選手を1人獲得しています。

関連記事:ブランドン・ディクソン(楽天)の打撃や守備の特徴は?過去成績もご紹介

 

 

そこでここではコンリー選手のちょっとしたプロフィール・過去成績・球速や球種、コントロールの特徴についてご紹介していきます。

 

 

\プロ野球観るならDAZN!/

月額1750円で野球を含む130以上のスポーツコンテンツが見放題!

 

初回登録で1ヶ月無料トライアルもあ流のでお試しにはもってこいです!

 

 

>DAZN公式サイトはこちら!

 

 

 

※DAZNの詳しい登録方法や解約方法についてはこちらをご参照ください。

 

スポンサーリンク

アダム・コンリーのちょっとしたプロフィール

 

出身地 アメリカ合衆国
生年月日 1990年5月24日(30歳
身長 / 体重 190cm / 90kg
ポジション 投手
投球打席 左投げ左打ち
経歴 マーリンズ

 

2011年6月のアマチュアドラフト2位指名を受けてマーリンズに入団しています。

 

そこからしばらくマイナーリーグでプレーし、2015年6月10日にメジャー初登板を果たします。

初登板はリリーフで登板し、1回を投げて無失点に抑えています。

この年はメジャーで15試合に登板しており、内11試合で先発、4勝をあげています。

 

16年、17年には2年連続で8勝をマークし先発ローテーションの一角を担っていました。

 

15年から17年の3年間はメジャーで先発を主に務めていて、18年からは中継ぎに回っています。

18年と19年の2年連続で中継ぎで50試合以上に登板しており、先発中継ぎ両方を経験しています。

 

コンリーの過去成績について

 

2020年メジャー成績

登板なし

 

メジャー通算成績

試合 イニング 奪三振 四死球 防御率
174 25 30 414.1 358 198 4.82

 

マイナー通算成績(2011〜2018年)

試合 イニング 奪三振 四死球 防御率
106 39 28 542.1 463 208 3.87

 

AAA通算成績(2014年〜15年・2017年〜18年)

試合 イニング 奪三振 四死球 防御率
51 17 15 269.1 195 116 4.38

 

スポンサーリンク

アダム・コンリーの球速や球種・コントロールの特徴について

 

ここからはコンリー選手の球速や球種・コントロールの特徴についてご紹介していきます。

 

 

球速

 

ストレートの最速は99.2マイル(159.6km/h)です。

これは2019年メジャーリーグにて記録したものです。

 

この年のストレートの平均球速はだいたい95.7マイル(154.0km/h)ということでした。

19年に関してはメジャーで中継ぎとして登板していたので平均球速も上がっていたんでしょう。

 

 

メジャーで先発をしていた15年〜17年だと、16年に最速157km/hを記録しています。

先発時の平均球速がだいたい91マイル(146.4km/h)でした。

 

先発だとそこそこの球速で、中継ぎになると160km近い数字を出すこともできるということで、

結構ポテンシャルの高い投手という事が分かります。

 

なかなかの変則フォームのサイドハンドから160km近いストレートを投げれるという事で、

右打者はインコースにストレートが来ると少し怖いかもしれませんね。

 

 

先発・中継ぎどちらでも投球の約60%をこのストレートが占めています。

それを考えた上で被打率を確認してみると、まあまあそこそこ抑えているんじゃないかと思いますね。

 

年代 被打率 奪三振数
2015年 .259(135打数35安打) 32
2016年 .298(302打数90安打) 58
2017年 .277(235打数65安打) 29
2018年 .250(96打数24安打) 12
2019年 .297(145打数43安打) 31

 

三振もそれなりの数奪えてるのも特徴ですね。

 

球種

 

変化球の持ち玉はスライダー・カーブ・チェンジアップです。

 

メジャーでは主にこの3つの球種を使い分けていました。

他にもカットボールやシンカーなども投げれるのですがメジャーでは全く使用してきませんでした。

 

1番の武器はスライダーです。

変化球の中でも一番数多く三振を取れていますし、被打率も通算で.200未満なんです。

 

次点でチェンジアップです。

これが変化球の中では一番数多く投球したボールなのですが、被打率がスライダーと比べて1割以上高くなっています。

メジャー通算の被打率が.281で、特に19年には被打率.411とかなり悪い数字になってしまっています。

 

スライダーを対左右関係無く決まったコースに投げ込む

 

コンリー選手の一つ大きな特徴として、スライダーを対左右打者関係無く同じコースに投げるという事が挙げられます。

 

↓対左打者に対するスライダーの投球

出典:fangraphs

 

↓対右打者に対するスライダーの投球

出典:fangraphs

 

これは19年のメジャーでスライダーをどこのコースに投げたかの数値を表したグラフです。(投手視点)

 

対左、右打者関係無く同じコースの所の数字が高くなっていますね。

  • 左打者なら「アウトコース低めのボールゾーン」
  • 右打者なら「インコース低めのボールゾーン」

 

ここのゾーンが赤くなっており高い数字を示しています。

恐らくスライダーに関してはここに投げ込んで打者を打ち取るとハッキリ決めているんだと思いますね。

 

コントロール

 

  • 19年はメジャーで60.2回を投げて与えた四球が29個(四球率=4.30)
  • メジャー通算では414.1回を投げて与えた四球が172個(四球率=3.74)
  • マイナー通算では542.1回を投げて与えた四球が187個(四球率=3.10
  • AAA通算では269.1回を投げて与えた四球が44個(四球率=3.51)
  • 先発では294.1回を投げて与えた四球が123個(四球率=3.76)

 

という事で数字だけで判断すると、コントロールはそんなに良くはないですね。

 

 

\プロ野球・メジャー観るならDAZN!/

月額1750円で野球を含む130以上のスポーツコンテンツが見放題!

 

初回登録で1ヶ月無料トライアルもあります。

 

もちろん無料トライアル期間中に解約もできるので、安心です。

 

 

DAZN公式サイトはこちら!

 

 

 

※DAZNの詳しい登録方法や解約方法についてはこちらをご参照ください。

 

 

スポンサーリンク

「アダム・コンリーの球速や球種の特徴について!過去成績もご紹介」まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は「アダム・コンリーの球速や球種の特徴について!過去成績もご紹介」について取り上げました。

 

まとめますと・・・

 

まとめ

 

  • ストレートの最速は159.6km/hで、平均球速は154.0km/h。(19年)
  • 先発時のストレートの最速は157km/hで、平均球速は146.4km/h。
  • 変化球の持ち玉はスライダー・カーブ・チェンジアップ。
  • コントロールはあまり良くない。

 

という事でした。

 

2021年新外国人選手情報!

 

関連記事:ドリュー・ルチンスキーの球速や球種・成績について!阪神入りの可能性は?

関連記事:ダン・ストレイリーの球速や球種・過去成績について調査!阪神入りの可能性は?

関連記事:ラウル・アルカンタラの球速や球種・成績について!阪神入りの可能性はある?

関連記事:ホセ・オスーナの打撃や守備の特徴について!過去成績もご紹介

関連記事:サイ・スニードの球速や球種・過去成績について!ヤクルト入りの可能性は?

 

広島

関連記事:ドビーダス・ネヴァラウスカスの球速や球種の特徴は?どこの球団が獲得する?

関連記事:ケビン・クロンの阪神入団は本当なの?オリックスという声も!

 

楽天

関連記事:ブランドン・ディクソン(楽天)の打撃や守備の特徴は?過去成績もご紹介

 

横浜DeNA

関連記事:ケビン・シャッケルフォードの球速や球種・過去成績についてご紹介

 

日本ハム

関連記事:ロニー・ロドリゲス(日ハム)の打撃や守備の特徴は?過去成績もご紹介!




この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© りょうさんの部屋 , 2020 All Rights Reserved.