全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここでちょっとしたニュース記事でも読んでって、またお仕事、家事、勉強頑張ってー!

吉岡聖恵がソロとして活動再開?!いきものがかりとしての復帰は?

 
吉岡聖恵 いきものがかり 復帰 ソロ







この記事を書いている人 - WRITER -

現在活動休止中のいきものがかり。

 

 

そのボーカルを務めている吉岡聖恵さんがソロとして活動を再開する事が分かりました。

 

 

日本のメディアからはほとんど姿を表さなかった吉岡さんではありますが、今回ソロとしての活動再開という事で、いきものがかりの他のメンバーはどう思っているんでしょうか?

 

 

また、いきものがかりでの活動再開は実現するのでしょうか?

 

 

そのあたりを調べましたので良かったら見て行ってください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

中島みゆきの「糸」をカバーして4/29配信スタート

 

 

中島みゆきさんの名曲「糸」をカバーとして4/29に配信リリースされるとの事です。

 

 

吉岡さんは、これの前にカバー曲として大瀧詠一さんの「夢で逢えたら」をリリースしています。

 

 

どちらも歌唱力に関しては感動できるほどですよね。

 

 

また、「糸」に関してはCMソングとして起用されており、既にそのCMがYouTubeにUPされています。

 

 

下記がそのCM(ロングVer.)になります。

 

 

今年で34歳になった吉岡さんですが、声も歌唱力も全く衰えていませんよね!

 

 

 

スポンサーリンク

いきものがかりのメンバーはどう思っているのか

 

 

本格的にソロとして吉岡さんが活動を再開される事に関して、いきものがかりのメンバーである水野さんと山下さんはどのように考えているのでしょうか。

 

 

お二方のSNSやサイトなど見てみたのですが、情報は何もありませんでした。

 

 

水野さんがTwitterをやっているので見てみても、吉岡さんが単体で新曲をリリースしますので是非聞いてみてくださいという告知だけでした。

 

 

吉岡さんを含め、いきものがかりのメンバーの動向は、いきものがかりの公式ホームページで随時更新されている程度しか分かりませんでした。

 

 

スポンサーリンク

いきものがかりの復帰はあるのか

出典:音楽ナタリー

 

吉岡さんのソロ活動ばかりが目立っていますが、また3人でいきものがかりとしての活動は果たされるのでしょうか。

 

 

そもそもなぜいきものがかりは活動を休止したのか

 

 

もう1年以上前の話で活動休止後もあまり話題にもならなかったので忘れているかもしれませんが、いきものがかりが活動を休止した理由はメンバー個人個人の成長とリフレッシュを理由に活動休止となりました。

 

 

メジャーデビューして10年が経過し、一旦個人個人のペースで活動の幅を広げようという事でしたね。

 

 

なのであまりネガティブな理由での活動休止ではありません。

 

 

その言葉通りであれば、いつにあるかはともかく復帰の可能性はあるでしょう。

 

 

ただ文面通りではない可能性もある

 

 

いきものがかりの活動休止についてはネットなどで様々な憶測が飛び交いましたよね。

 

 

・年齢的な意味で吉岡さんの結婚・妊娠が理由なんじゃないか。

 

・メンバー不仲説があるんじゃないか。などなど

 

 

メンバーの仲の良さに関して

 

 

ただ調べているとメンバーの不仲説に関しては概ね間違っていない(?)感じっぽいんですよね。

 

 

解散前にいきものがかりのメンバーが「おしゃれイズム」というテレビ番組に出演した時に、吉岡さんのソロ活動に関する考え方について答えている場面やメンバーの仲の良さに関して話をする場面でところどころ「うん?」と思うようなところがありました。

 

 

司会者の質問に対して、違和感を覚えるくらいの間があったり、質問に即答できない場面もありました。

 

 

これらの事を考えていくと、本当にメンバーは仲が悪いのでは・・・?

 

 

そうなるといきものがかりでの活動再開は無いのかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

 

いかがだったでしょうか。

 

 

今回私が調べてみて、改めていきものがかりの復帰というのは難しいんじゃないかなーと考えます。

 

 

吉岡さんはこのままソロでの活動を中心としていきそうな感じがしますし、メンバーの音楽に対する考え方にズレがありそうにも感じました。

 

 

これは全ておしゃれイズムに出演した際の3人の表情だったり質問の受け答え方を見ての判断です。

 

 

本当のところはどうなのかは分かりません。

 

 

これからも注目したいですね。

 

 




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です