全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここで気になる記事でも覗いてみてゆっくり過ごして行ってくださいヽ(`・ω・´)ノ

山下航汰(健大高崎)のホームラン数がえげつない!守備や足の速さも一級品!

 







この記事を書いている人 - WRITER -

もうすぐ2018年のプロ野球ドラフト会議が始まりますね。

高校野球が終わって暑い夏も終わりを迎えており、

気づけばドラフトと季節です。

 

早いですねー。

 

さて、ここでは9月14日にプロ志望届を提出した山下航汰選手(群馬:健大高崎)について取り上げます。

 

山下航汰選手の高校通算ホームラン数がえげつないのと、

守備や足の速さに関してもピカイチなのでご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

山下航汰のちょっとしたプロフィール

生年月日 2000年11月15日(17歳)
出身地 大阪府柏原市
身長 / 体重 174cm / 78kg
投球打法 右投げ左打ち

 

柏原中では羽曳野ボーイズでプレーし、3年時にジャイアンツカップ優勝。

高崎健康福祉大高崎では1年春からベンチ入りし、夏から外野手でレギュラー。

 

2018年の甲子園出場はならず。

決勝戦の前橋育英戦にサヨナラ負けを喫しました。

 

 

スポンサーリンク

山下航汰の選手としての特徴について

 

山下航汰選手の選手としての特徴についてですが、

まずは桁外れのパワーですよね。

 

高校通算75本のホームランを打っています。

これは歴代の選手の高校通算本塁打ランキングの10位に入るほどです。

一つ上には埼玉西武ライオンズ所属の中村剛也選手(通算83本)がいます。

 

 

身長が特別大きいわけではありませんが、

コンパクトな打撃を心がけ、鋭いスイングで打球を遠くへ飛ばす力があります。

 

 

そのパワーで今年の群馬の大会では5本のホームランを放ち、

それまでトップの元阪神の狩野恵輔氏が記録した4本を塗り替えました。

 

 

守備・走塁について

 

守備は主に一塁と外野(レフト)を守っており、

守備レベルは悪くなく、標準以上のレベルを誇っています。

 

 

足もかなり速く、

三塁打タイムは11秒63と基準タイム12秒29と大きく上回っています。

50メートルも6秒3とかなり早いです。

 

 

まさに走・攻・守の三拍子揃ったオールラウンドプレイヤーです。

プロに入ってもトリプルスリーを狙える逸材ですね。

 

 

ちなみに山下選手の好きなプロ野球選手は

オリックスの吉田正尚選手だそうです。

 

スポンサーリンク

山下航汰のプロ球団の評価について

 

山下航汰選手についてプロ球団のスカウトや関係者も下記のように評しています。

 

「タイミングの取り方がうまい。ボールをうまくひきつけて、懐が深い。それでバットも振れるから飛ぶ」(DeNA・河原スカウト)

 

「自分の形で打てている」(広島・高山スカウト)

 

「お見事。ボールを速く飛ばす。楽しみな選手」(オリックス・古屋球団本部編成部副部長)

 

出展:http://pospelove.com/blognplus2100/index.php?e=1348

 

どの関係者も山下選手のバッティングに関して評価しています。

やはりそれだけ打撃に関してレベルが高いと言うことがわかりますね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は健大高崎の山下航汰選手について取り上げました。

 

無限の可能性を秘めた今後が楽しみな選手です。

もしかしたらヤクルトの山田哲人選手や広島の丸佳浩選手のような超一流の選手になれるかもしれません!

 

ドラフトには必ずかかると思いますので、

どの球団に山下選手が入団するか非常に楽しみですね(`・ω・´)!

 




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です