全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここで気になる記事でも覗いてみてゆっくり過ごして行ってくださいヽ(`・ω・´)ノ

ビシエドは中日愛で来期も残留か?気になる去就についてのまとめ!

 







この記事を書いている人 - WRITER -

中日ドラゴンズ所属のビシエド選手について取り上げます。

 

2016年シーズンから中日の4番打者として活躍し続けてきたビシエド選手ですが、

今シーズンは過去二年間の成績を大きく上回る活躍をしています。

 

 

今季で二年契約が満了し、その去就が注目されています。

持前の中日(名古屋)愛で残留か、それとも他球団へ移籍か、それとも、、、?

 

 

ここでは気になるビシエド選手の今後の去就についてのまとめをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ビシエドのちょっとしたプロフィール

出展:wiki

本名 ダヤン・ビシエド・ペレス
生年月日 1989年3月10日(29歳)
出身地 キューバ共和国・ビジャ・クララ州レメディオス
身長 / 体重 185㎝ / 108kg
経歴 ナランハス・デ・ビジャ・クララ→ホワイトソックス→中日

 

キューバ出身ですが、
先日、米国市民権を取得したため国籍がアメリカとなっています。

 

 

2010年から2014年まではシカゴのホワイトソックスに所属しており、

5年間で66本のホームランを打っていました。

 

2012年と2014年には20本以上のホームランを打ち、

そういう意味ではバリバリのメジャーリーガーだったんですね!

 

 

日本では2016年シーズンに22本のホームラン、68打点、打率.274という成績で

新たに2年契約を勝ち取りました。

 

 

2018年シーズンはここまでほとんど試合に出場し、

8月には月間46安打のセリーグ記録に並ぶ活躍でした。

現在はセリーグの首位打者&最多安打でもあります。

 

 

2018年の成績(9月19日現在)

試合数 安打 ホームラン 打点 四球 打率
127 170 25 97 51 .352

 

 

スポンサーリンク

ビシエドの今後の去就についてまとめ

 

さて、今後のビシエド選手に去就についてですが、

 

球団は当然のことながら、残留交渉を基本に考えています。

 

しかし慎重な交渉となる模様で、去年のゲレーロ選手(現巨人)のように

金銭面にて対立する可能性があるからです。

 

球団としては来期からは年俸3億円の3年契約を提示する予定だといいます。

 

 

この用意は妥当かなと思いました。

後はビシエド選手自身がこの契約内容を受け入れるかどうかですね。

 

 

ビシエド選手は中日で3年間プレーし、すっかり中日に対してが芽生えています。

また名古屋の街も気に入ったみたいで、

ビシエド選手のお子さんはみんなドアラの大ファンだといいます。

 

 

さらに長男のは今年、名古屋市内の少年野球チームに所属したという事で、

これからも日本で暮らしていく準備万端だそうです。

 

 

来期以降も中日でプレーするためにはビシエド選手が球団が提示した契約内容に同意するかどうか。

恐らく他球団も獲得に乗り出すことは間違いありません。

 

 

獲得に乗り出してくる球団その1

 

 

一番可能性があるのは阪神タイガースでしょうね。

 

 

阪神からしたら今年、期待のウィリン・ロサリオ選手が絶不調で恐らく今年でクビでしょう。

長年の長打力不足を解消するために右の大砲のビシエド選手は喉から手が出る程欲しいでしょう。

 

 

金万球団ですから「銭闘」には必ず参加してくるはず

 

そうなると中日と阪神の銭闘が繰り広げられます。

 

 

獲得に乗り出してくる球団その2

 

 

あと考えられるのは巨人ですかね。

去年獲得したゲレーロ選手が成績不振の為、今後の契約も不透明です。

巨人もお金持ちの球団ですから阪神同様、金銭面で優位に立てるでしょう。

 

 

そうなると中日巨人阪神の三チームで勝負という事になります。

 

 

ただビシエド選手の中日愛が本当ならば中日に残留の可能性は高いでしょう。

ただ去年のゲレーロ選手のように

野球はビジネスの一つだと考えているならば残留は難しくなってくるんじゃないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

水面下で各球団が調査中

 

現段階では水面下で各球団が動いている状況で、

詳しい情報などはまだわかりません。

 

新たな動きがあればこちらで追記していきます。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

最後にまとめます。

 

中日球団側は年俸3億円の3年契約を基本軸として残留交渉を考えている。
ビシエド選手本人も中日愛に満ちており、息子も名古屋市内の少年野球チームに所属させている。
水面下で巨人・阪神が獲得に乗り出そうとしている
残留か移籍かはビシエド選手本人の野球に対する考え方次第。

 




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です