全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここでちょっとしたニュース記事でも読んでって、またお仕事、家事、勉強頑張ってー!

台風21号が東京に直撃上陸?!関東にお住まいの方は十分に警戒を!

2018/09/03
 







この記事を書いている人 - WRITER -

梅雨が早い段階で終わって厳しい夏が続いていますが、

同時に台風もここ最近多発しています。

 

 

そんな中で台風21号が猛烈な勢力を持って日本に向かってくるという報道が出ています。

 

 

この台風、前回四国と近畿を中心に襲った台風20号よりも勢力が強く、

それどころか今シーズンの中でもダントツで勢力が強い台風と言われています。

 

 

そんな台風21号が東京に直撃上陸する可能性があるという報道も出ています。

(※東京だけでなく、関西・東海地方にも直撃の可能性が出てきています。)

 

 

ここではそんな台風21号の特徴今後の進路について調べましたのでご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

台風21号の特徴について

 

 

まず今回の台風21号の詳細をご紹介します。

 

出典:Yahoo!天気・災害

 

強さ 非常に強い
速さ 20km/h
中心気圧 945hPa
最大風速 中心付近で45m/s
最大瞬間風速 60m/s

 

 

注目したいのは最大瞬間風速ですね。

あまり気象の知識がない方でもここを見れば大体どれくらいの規模の台風なのか予測がつくと思います。

 

 

60m/sとなっています。

(1日前はこの数字が70m/sでした。)

 

さらにこの数字は時間が経つにつれてさらに大きくなると予想しており、

その勢力を保ったまま日本に上陸してしまうと甚大な被害が出ると予想されます。

 

 

そして日が進につれて、予報も少しづつ変化してきましたね。

東京方面に直撃・上陸する可能性が高かったですが、

ここにきて日本列島全てを直撃するような進路を辿っていく予報です。

 

 

 

スポンサーリンク

台風21号の今後の進路は?

 

 

台風21号の今後の進路ですが、

日が進んでいくに連れて予報も少しづつ変化していっています。

 


結論から言うと、東京方面に直撃上陸する可能性が高かった台風21号は、

四国・近畿に上陸する可能性が極めて高くなってきました。

 

 

東京も影響がないわけではありませんが直撃上陸の可能性は低くなってきたでしょうか。

ただそうはいっても雨風が強まる事に変わりはありませんので対策は必須でしょう。

 

 

前回の台風20号の時の様に、被害が大きくなるのは四国・近畿地方になりそうです。

四国・近畿は明日の午前中から激しい雨が降る予報で、

明日1日に降る降水量が600mを超える予報です。

 

 

お住まいの方は9/3の内に十分な対策を取っておきましょう。

 

 

スポンサーリンク

JR西日本 京阪神で9/4 AM10:00までに全線運休決定

 

JR西日本は京阪神で明日(9/4 火曜日)の午前10:00までに全線運休する事が決定しました。

関連サイト:台風21号接近、関西各電鉄の運行予定

 

前回の台風20号の時は夕方頃から運休するという形をとっていましたが、

今回はさらに早い時間からの対策として午前10時には全線運休ということです。

 

ですが関西の私鉄(阪急電車・阪神電車・近鉄電車・京阪電車)は現時点では通常運転する予定だということです。

 

ただこちらも状況によってはすぐに運転見合わせという形を取る可能性もあるとのことです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

台風21号は非常に強い勢力のまま日本に向かってくると予想されます。

 

 

前回の台風20号の時もそうだったのですが、

交通機関などは台風の被害に備えて早めに営業を取りやめるケースがあります。

 

電車などは夕方頃以降には運転を全て取りやめの形をとります。

(前回の台風20号の時がそうでした。)

 

 

お仕事をされている方で電車通勤の方は台風に備えて早めの帰宅をするようにしましょう!

 




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です