全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここでちょっとしたニュース記事でも読んでって、またお仕事、家事、勉強頑張ってー!

指定弁護士(ドラマ)のあらすじや主題歌を調査!意味も詳しく紹介

2018/09/23
 







この記事を書いている人 - WRITER -

2018年9月に放送が予定されているスペシャルドラマ「指定弁護士」について取り上げます。

 

 

ここではスペシャルドラマ「指定弁護士」のあらすじ・キャスト・主題歌などをご紹介し、

記事の中盤に「指定弁護士」という言葉の意味についてなるべくわかりやすく解説していますので、

良かったらご覧ください(`・ω・´)!

 

 

スポンサーリンク

 

「指定弁護士」のあらすじについて

 

「指定弁護士」のあらすじは下記のようになっています。

 

京都の三塚法律事務所で、弁護士の一ツ木唯とボス弁の三塚文則がテレビを見ている。

ワイドショーに取り上げられているのは京都選出の衆議院議員・田金清造

問題発言の多い議員として連日取り上げられていた。事務所内には唯の夫でパラリーガルの一ツ木隆司と、弁護士の箭内光太郎の姿も。

唯と箭内は未来の三塚のパートナーの座を争う間柄でもある。

やがて田金に新たな疑惑が持ち上がった。

 

2010年に国有地を社会福祉法人『辰波福祉会』に売却した際に、不当な払い下げがあったのではないかというのだ。

田金が『辰波福祉会』の名誉顧問を勤めていたことも判明し、世論からは激しいバッシングの嵐が。

そしてその声に押されるようにして大阪地検特捜部が捜査に入り、田金とその秘書・斎藤益道が逮捕される。

だが、結果は双方ともに不起訴処分…!

 

結果を受けた京都地検・特別刑事部の橘慎二白井逸雄は、苦々しい表情でそのニュースを見つめることしかできない。

そんな時、唯は弁護士仲間神林京子から

「指定弁護士をやってみないか」と声を掛けられる。被告人はなんと、あの田金。

彼は不起訴処分を受けたものの、その後の検察審査会で“起訴相当”となり、さらにもう一度行われる検察審査会で再び“起訴相当”になれば、指定弁護士に強制起訴されるのだ。

 

今や日本中の敵と言える田金…。その彼を起訴できれば弁護士としての名が売れ、三塚のパートナー弁護士の座も近付くかもしれない―。唯は指定弁護士を引き受ける。

 

出典:公式サイト

 

長々と難しい単語が出てきて話の流れが見えづらいですが、

基本的にはという30代の女性が慎二と出会って翻弄されながらも、

やがて一人の人間として弁護士としてしっかりと成長していく物語です。

 

その成長していく弁護士役が誰なのかが注目です!

 

 

スポンサーリンク

「指定弁護士」のキャストについて

 

「指定弁護士」の主人公は弁護士の一ツ木唯です。

この一ツ木唯を演じるのは北川景子さんです。

 

出典:インスタグラム

 

北川さんが弁護士役を演じるのは今作が初めてのことで、

しかも普通の弁護士ではない「指定弁護士」役なので

少し苦戦されるかもしれませんね(´・ω・`)

 

 

実際にコメントでこの様な発言をされていました。

 

「指定弁護士」という言葉はニュースなどで知っていましたが、詳しくは全然分かっていなくて。

初めて台本を読ませていただいた時は「難しいな」と思いました。

弁護士だけど、“被告人を必ず有罪にする”という目的を持って法廷に立たないといけない。

出典:公式サイト

 

 

その他キャストについて

 

北川景子さん以外のキャストは下記の様になっています。

 

北村一輝 橘慎二役(京都地検・特別刑事部の検察官。唯のパートナー)
えなりかずき 一ツ木隆司役(三塚法律事務所の法律事務アシスタント。唯の夫)
生瀬勝久 安倍忠一役(慎二の検察事務官。京都地検の最古参事務官)
松重豊 筧田吾郎役(唯の行きつけのバー「よる屋」のマスター。)
羽田美智子 神林京子役(京都弁護士会の事務局弁護士)
相島一之 白井逸雄役(京都地検・特別刑事部長。橘の上司)
矢柴俊博 箭内光太郎役(三塚法律事務所の弁護士。唯とは三塚のパートナーの座を争っている。)
正名僕蔵 津山悟役(京都市会議員。田金を告発する。指定弁護士・唯と慎二の味方)
真飛聖 斎藤里美役(田金の秘書・斎藤益道の妻。)
石橋蓮司 田金清造役(衆議院議員・元法務大臣)
中村梅雀 三塚文則役(唯が所属する三塚法律事務所の所長弁護士(ボス弁)

 

 

さらに今回はフリーアナウンサーである安東弘樹さんも出演されることが分かりました。

 

安東さんは唯と慎二が追う「事件の経過」と「世間の反応」を伝えるワイドショーの司会者役を演じるそうです。

出典:テレ朝POST

 

なんか一昔前の安東さんですねこれはw

 

スポンサーリンク

「指定弁護士」の意味について

 

そもそも日常で聴き慣れない「指定弁護士」という言葉ですが、

どういう意味なのでしょうか?

 

まずこれを理解しておかないと純粋にドラマが楽しめないと思いましたので調べてみました。

そして筆者なりに詳しくまとめました!

 

 

「指定弁護士とは・・・」

検察が不起訴処分にした容疑者について、市民でつくる検察審査会の審査員11人中8人以上が2回続けて起訴すべきだと判断したとき、裁判所が検察官役として指定する弁護士。

出典:コトバンク

弁護士は弁護士だけれども、あくまで「検察官」としての役割を果たす弁護士ということです。

 

 

↓↓↓☆よく分かる?解説ー!w☆↓↓↓

 

そもそも人が罪を犯したり、人が起こした事件などを調査して、

それを裁判所に対して裁判を求めるのが検察官の仕事です。

 

 

その際に検察官が裁判を求めなかった(不起訴とした)場合に、

「じゃあこの事件に関してはこれでおしまい!」

だと国民の権利保護が軽視されかねません。

 

 

その為、検察審査会という機関の審査員に事件の内容を再確認してもらい、

 

「うん、これは裁判にかけるべき案件だ!」

 

と考える審査員が11人中8人以上いた場合、

裁判所が1人ないし複数人の弁護士を指定して、その弁護士に検察官役をやってもらう!

というのが「指定弁護士」の意味になります。

 

 

ちなみに検察審査会の審査員は日本国民の中から無作為に選ばれた人たちです。

 

 

なぜ裁判所が弁護士を指定するのか

 

それは、一度不起訴とした検察官に裁判を頼むのはちょっとね・・・という話で、

 

「あんたさっき裁判しない!って言うたやん・・・(´・ω・`)」

 

っとなって妥当では無いためですね!

 

 

 

皆様しっかり理解できたでしょうか?

今作のドラマの場合、検察官が不起訴とした事件に対して指定弁護士が取られたという事で、

北川さんにとってなかなか複雑な事件を扱う事が予想されます。

 

初めての弁護士役で、しかも指定弁護士役という難しい役柄だとは思いますが、

どのような演技を見せてくれるのか楽しみですね!

 

 

スポンサーリンク

「指定弁護士」の主題歌について

 

「指定弁護士」の主題歌ですが、

今回は主題歌というよりテーマ曲になるそうですね。

 

fox capture plan(フォックス・キャプチャー・プラン)という

インストゥルメンタルバンドがテーマ曲を担当します。

 

インストゥルメンタルなんで歌詞はありません。

全てメロディーだけの曲となります。

 

さっきyoutubeで曲を聴いてきたんですけどかっこよかったです。


指定弁護士ではどのような曲が流れるのか楽しみです。

 

それにしてもピアノとベースとドラムだけでここまで惹き込まれる曲が作れるって凄いなー!

 

みなさんも聴いてみてください!

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回2018年9月に放送が予定されているスペシャルドラマ「指定弁護士」について取り上げました。

 

北川景子さんのエリート弁護士役の熱演を大いに期待しましょう(`・ω・´)!

 




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です