全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここでちょっとしたニュース記事でも読んでって、またお仕事、家事、勉強頑張ってー!

齋藤友貴哉のプロフィールや球速・球種を調査!ヤクルト巨人が指名か!

 







この記事を書いている人 - WRITER -

社会人投手の齋藤友貴哉選手について取り上げます。

 

今年の数少ない社会人投手の中でNo.1と言われている選手です。

 

実は大学卒業後にプロ志望届を提出していたのですが、その時は球団からの指名がありませんでした。

今回はその悔しさを晴らすため、満を持してのプロ志望です。

 

ここでは齋藤友貴哉選手のプロフィール選手としての特徴

また球速や球種についても調べましたのでご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

齋藤友貴哉のちょっとしたプロフィール

 

生年月日 1995年1月5日(23歳)
出身地 山形県東根市
身長 / 体重 184cm / 91kg
経歴 山形中央高等学校→桐蔭横浜大学→Honda
ポジション 投手
投球打席 右投げ左打ち

 

甲子園出場経験はありません。

 

そして高校時代も特に目立った活躍はありませんでした。

2年生の夏の県大会で現阪神タイガース所属の横山雄哉選手の控え投手として県大会準優勝を経験しました。

 

高校時代はこの県大会準優勝が最高の成績でした。

 

 

桐蔭横浜大学時代は3年生から先発投手としてリーグ戦に出場。

この時点でストレートの速さが149キロまで出るようになり、

秋季リーグ戦・神大2回戦で初勝ち星を収めます。

 

4年生の春には先発としての出場機会が増えていき、

4完投勝利(3連続完封)、44.2回6失点、

防御率1.01の好成績を残し、MVPのタイトルに輝きました。

 

大学での通算成績は

通算16試合、6勝(5完投3完封)6敗、105回、防御率2.31。

 

大学卒業前にプロ入りを志望しましたが残念ながら指名する球団は現れませんでした。

 

 

このように齋藤選手が野球の選手として芽が出始めたのは大学3年生の頃ですから非常に遅かったんですね。

それまでは少しくすぶっていた時期が続いたんですが。

 

そこからの齋藤選手の頑張りもあって、

今では社会人No.1の選手として評価されているんですから凄いですよね!

 

スポンサーリンク

齋藤友貴哉の選手としての特徴について

 

齋藤選手はプロフィール欄にも書いたように、

身長184cmの体重91kgですから非常に恵まれた体格をしているのが分かります。

 

 

先発でもストレートが常時140キロ〜150キロ近くまで投げることが出来るので、

スタミナの面でも期待が出来ますね。

 

 

ストレートの速さは社会人時代までの練習成果として最速153キロまで投げることが出来ます。

そこからスライダー・カーブ・スプリットといった球種を操ります。

 

 

オーソドックスな右の本格派投手ですね。

うまく成長していけば、則本昂大選手のような大選手になれるんじゃないかなーと思いますね。

当然ですがストレートを主体にした投球で変化球で三振も奪えます。

 

 

即戦力の投手として非常に期待されます。

 

 

課題点として大学通算での四死球率が4.20でした。

1試合で4.2個の四死球を出すということですので、

コントロールの改善が一番の課題点として挙げられるでしょう。

 

 

おそらくプロ入り後も先発として期待されると思いますので、

齋藤選手の今後の課題としてはコントロールを良くしていくことだと思いますね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

齋藤友貴哉を指名する可能性がある球団

 

現段階で齋藤友貴哉選手をドラフトで指名する可能性のある球団は

巨人広島ヤクルトですね。

 

とくにヤクルトのスカウトは他の球団のスカウトよりも高い評価をしています。

 

ヤクルトは今季も先発投手陣が手薄だっため、

即戦力の先発投手を求めています。

 

シーズン後半で原樹理選手が先発として急成長を見せてくれましたが、

それでも先発投手陣が手薄です。

まあ投手はどの球団もたくさんいて困ることはありませんからね。

 

 

巨人も先発投手陣が手薄です。

特に右の先発投手がいないですよね。

山口俊選手も途中で抑えを任されていますし、来年に関してもどうなるかわからないですし、

西武から移籍してきた野上亮磨選手も途中から中継ぎに回ってしまってますし、

即戦力で齋藤選手は欲しいでしょう。

 

 

現段階でこの3球団が獲得の可能性が高いですね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

今回は社会人No.1の齋藤友貴哉選手について取り上げました。

 

即戦力投手として非常に評価の高い齋藤友貴哉選手。

 

果たしてどこの球団が指名するのか楽しみですね(`・ω・´)ゞ

 




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です