全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここでちょっとしたニュース記事でも読んでって、またお仕事、家事、勉強頑張ってー!

大谷翔平の復帰はいつ頃?!ケガの原因と復帰時期を調べてみた!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

メジャーリーガー大谷翔平選手について取り上げます。

 

 

右肘の内側側副靱帯損傷で故障者リスト入りしている大谷選手ですが、復帰はいつ頃になるのでしょうか。

 

 

ここでは大谷選手のケガの原因と、復帰はいつ頃になるのかを調べましたのでご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

大谷翔平のちょっとしたプロフィール

出典:Sportiva

 

要らないと思いますけど一応簡単にプロフィールをご紹介させていただきます。笑

 

出身地 岩手県奥州市
生年月日 1994年7月5日(23歳)
経歴 花巻東高校→北海道日本ハム→エンジェルス
年俸 54.5万ドル(約6500万円

 

高校生の頃から160㌔を投げていました。

しかし甲子園の通算成績は14回を投げ防御率3.77、16奪三振。

野手としては2試合で打率.333、1本塁打でした。

 

 

そこまで大した成績は残してなかったんですよね( ..)φメモメモ

出典:Number Web

 

その後、北海道日本ハムに入団しました。(入団には紆余曲折がありました。)

日本球界で5年間実績を残し続け、投手では42勝15敗(勝率.737) 543回を投げて624奪三振 防御率2.52

野手では通算打率.286 ホームラン48本 打点166 296安打という結果を残しました。

 

でも、やっぱこう見ると・・・ピッチャーの方が物凄い成績を残している様に感じますね。

 

スポンサーリンク

なぜケガしてしまったのか

 

野球だけではなくプロのスポーツ選手はケガは付き物です。

大谷選手も例外ではなく、いつかは故障するだろうとは思っていましたが、今回なぜケガをしてしまったのでしょうか。

 

靭帯損傷はかなり大きなケガです。選手生命も脅かすようなケガです。

 

実は大谷選手、中学時代から硬式のボールを投げていており、この頃から既に肩と肘を酷使してきました。

 

2017年オフにメジャー挑戦を表明した時も複数の球団が獲得に乗り出しましたが、どこの球団も「酷使し続けてきた肩と肘」を懸念していました。

出典:Sportiva

 

さらにメジャーの公式球と日本の公式球では質の違いが見受けられます。

 

メジャーのボールは日本のボールと比べて滑りやすく、重いそうです。

 

その為日本からメジャー挑戦する選手は、投手野手に関わらずボールを投げる瞬間に滑らないように力を入れて投げます。

 

その力の入れが肘の負担に大きく関わるそうですよ。

 

 

大谷選手の場合、ピッチャーとして投げる変化球にも影響があるようで、キレのあるスライダーを投げる際にそうした力の入れも加わって、今回右肘の靭帯損傷に繋がったという事です。

 

日本ではスプリットの多投がケガに繋がったという報道が多かったそうですが、現代のアメリカ野球ではスライダーの方が肘の負担が大きいというのが定説だそうです。

 

 

スポンサーリンク

復帰はいつ頃になるのか?

出典:サンスポ

 

では大谷選手の復帰はいつ頃になるのでしょうか?

 

調べているとどうも早ければ7月上旬には復帰できるのではないかという話が出ています。

 

今回のケガにより、大谷選手もトミー・ジョン手術に乗り込まなければならないのではないかと報道されていましたが、ここにきてトミー・ジョン手術の必要性は低くなってきました。

 

エンゼルスの監督も手術の必要性を否定していましたし、大谷選手のケガがそこまで酷い状態では無かった事が考えられます。

 

これからPRP療法という方法で治療していき、順調に回復していけば早くて7月上旬に野手として復帰する事が出来るのではないかという事です。

 

一日でも早く復帰できればいいですね!

向こうでのオールスターにも出場できる可能性がある大谷選手ですからね!

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

今回のケガは中学時代から酷使してきた右肘の爆発が原因。

手術はせず、PRP療法にて7月上旬の復帰が見込まれる。

 

という事でした。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です