全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここでちょっとしたニュース記事でも読んでって、またお仕事、家事、勉強頑張ってー!

向山基生のプロフィールや特徴を紹介!性格も優れた優男だった!

 







この記事を書いている人 - WRITER -

法政大学の向山基生選手について取り上げます。

 

今秋のドラフトで指名候補の一人です。

 

ここでは向山基生選手のプロフィール選手としての特徴

また性格についても調べましたのでご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

向山基生のちょっとしたプロフィール

出典:twitter

生年月日 1996年7月5日(22歳)
出身地 東京都調布市
身長 / 体重 184cm / 80kg
経歴 法政大学第二高校→法政大学
ポジション 外野手
投球打席 右投げ右打ち

 

甲子園出場経験はありません。

 

法政大学第二高校時代は県大会の5回戦が最高成績で、

3年生の春から三塁手としてチームを牽引してきました。

また高校通算で10本のホームランも記録しています。

 

 

法政大学時代は1年生の秋からベンチ入り。

リーグ初スタメンとなった2年生春の明治大学戦では5番レフトで先発出場し、

4安打3打点の活躍でした。

 

 

3年生の春には現北海道日本ハムファイターズ所属の宮台康平選手から長打を放ったこともありました。

 

 

4年生の春には打率.354ホームラン2本7打点でベストナインを獲得しています。

このタイトルが向山選手の初めてのタイトル受賞になります。

 

 

大学通算成績は

通算42試合、打率.360、50安打、2本塁打、18打点。

 

スポンサーリンク

向山基生の選手としての特徴について

 

身長184cm 体重80kgの好打好守の大型外野手です。

フルスイングからの鋭いライナー性の打球を打つことができ、チームでも切り込み隊長的な役割を果たしていました。

 

 

また50mを6秒で走る事ができ、脚力もあります。

遠投でも105mを計測し、まさに走攻守三拍子揃った選手と言えます。

 

 

3年生の秋のリーグ戦後に、日本代表合宿にも参加しており、

プロスカウトの前でアピールもしていました。

 

 

プロ入り後に順調に成長していけば、右の丸選手になれる可能性もあります!

もしかしたらトリプルスリーも狙える存在にもなれるかもしれません!

 

 

 

スポンサーリンク

向山基生の性格について

 

 

向山選手は野球だけでなく人間性も優れているんです!

 

 

高校時代にお世話になっている監督やコーチ、スタッフの誕生日になればプレゼントを用意して持ってったりしていたんです。

 

「すげー優しい!!」

 

野球をするにあたって、日々お世話になっている人たちへの感謝の気持ちを忘れない優れた人間性を持っているのが向山選手なんですねー!

 

 

こういうエピソードは非常に好感が持てますし、

プロに入っても応援したくなりますよね(`・ω・´)ゞ

 

 

また野球に取り組む姿勢も素晴らしく

法政大学第二高校のグラウンドにはナイター照明が設置されており、

夜遅くまで練習することが可能なんです。

 

そこで向山選手は居残りで練習を率先してやったり、

コーチや監督にスイングを見てもらったりなど、

野球に取り組む積極的な姿勢も監督やコーチから評価されていました。

 

 

やっぱりこういう人がプロに入ってもキャプテンとしてチームをまとめていって欲しいと思いますね。

 

向山選手は野球に対して非常に真面目な性格で、

お世話になっている人に対する感謝の気持ちを忘れていない人間性の優れた選手だということですね!

 

 

「・・そういや顔もちょっとイケてないですか?←」

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

今回は法政大学の向山基生選手について取り上げました。

 

選手としても人間としても好感の持てる向山選手。

ドラフトでは必ず指名がかかるはずですので、

どこの球団から指名されるか非常に楽しみです!

 

今後の向山選手の活躍も期待したいですね(`・ω・´)ゞ




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です