全国のTeatime中の皆様こんにちは。ここで気になる記事でも覗いてみてゆっくり過ごして行ってくださいヽ(`・ω・´)ノ

後藤武敏の引退試合はいつ?通算成績や今後についても調べてみた

 







この記事を書いている人 - WRITER -

横浜DeNAベイスターズに所属している後藤武敏選手について取り上げます。

 

 

横浜に移籍してきて「ゴメス」という相性で親しまれてきた後藤選手。

西武時代にはプロ1年目から1軍で4番を務めた事もありました。

 

ファンからすれば突然の引退発表はかなりの衝撃的なニュースとなりましたが、

ここでは後藤武敏選手の引退試合はいつなのか、

また今後はどうなるのかについて調べましたのでご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

後藤武敏のちょっとしたプロフィール

出典:ヤフーニュース

 

出身地 静岡県浜松市中区
生年月日 1980年6月5日(38歳)
身長 / 体重 176㎝ / 84kg
経歴 横浜高等学校→法政大学→埼玉西武→横浜DeNA

 

「松坂世代」の一人として横浜高校時代は松坂大輔選手・小池正晃選手・小山良男選手と共に甲子園へ出場。

 

一年生の時からベンチ入りしており、高校通算33本のホームランを打ちました。

 

2002年のドラフトで埼玉西武ライオンズに自由獲得枠として入団しました。

 

西武時代は2003年開幕戦に当時の4番アレックス・カブレラの代役として4番に入りました。

2003年と2008年には一軍で二桁ホームランを記録しています。

 

2011年の11月に横浜DeNAベイスターズに交換トレードとして移籍しました。

横浜では主に代打として出場し、2014年には代打成功率が.379をマークしました。

 

2018年シーズンはここまで一軍での試合出場がありませんでした。

 

 

ここまでの通算成績(2003年〜2017年まで)

試合数 安打 本塁打 打点 打率 OPS
617 312 52 184 .255 .765

 

 

スポンサーリンク

後藤武敏の引退試合はいつ?

 

後藤武敏選手の引退試合はいつになるのでしょうか。

 

調べたところ、球団は横浜本拠地の最終戦となる、

9月22日(土曜日)中日戦を後藤選手の引退試合として調整しているそうです。

 

ファンにとっても嬉しい休日に引退試合となりそうですね。

もしかしたら当日の中日の先発は同期の松坂選手になるのではないでしょうか?!

 

そうなれば同じ横浜高校の仲間として最高の引退試合になりますね!

 

 

 

スポンサーリンク

後藤武敏の今後について

 

後藤武敏選手の今後はどうなるのでしょうか。

 

考えられるのは

 

・横浜で指導者

・西武で指導者

・野球評論家

・タレント

 

同期で横浜高校時代の仲間である小池正晃氏は現在ベイスターズの一軍打撃コーチを務めています。

もしかすると後藤選手もコーチとなる可能性はありますね。

 

或いは野球評論家としてテレビ解説を務める可能性もあります。

最後のタレントは無いかもしれませんが笑

 

 

こちらに関してはまた新しい情報が入り次第追記していきます。

 

 

スポンサーリンク

小池正晃氏の引退試合が印象深い

 

少し話は逸れますが

後藤武敏選手と現在コーチの小池正晃氏は横浜高校の同僚で仲間でもあります。

 

また横浜DeNAベイスターズでも同じチームメイトでもありました。

 

小池正晃氏の引退試合は横浜ファンの方ならとても印象に残っているのでは無いでしょうか。

 

2013年10月8日の阪神戦(横浜)が引退試合となった小池氏は、

この日、7番ファーストで先発出場し4回裏の打席で、この年の一軍初本塁打となる左中間への2ランを放ち、現役最終打席となった8回裏の打席では、目に涙を浮かべ鼻をすすりながらもこの試合2本目の本塁打となる決勝のソロ本塁打を放ちました。

 

この引退試合は筆者も見ていましたよ。

すっげー感動的な試合だったんですよね。

 

2013年シーズン終盤に球団から小池氏に戦力外を通告された時、

小池氏は高校からの同僚である後藤武敏選手と高校の先輩・多村仁志氏に相談していました。

その際、後藤選手と多村氏に

「今の打撃では厳しい。生まれ育った横浜で引退して指導者になった方が良い」

と涙声で助言したことをきっかけに小池氏は引退を決意しました。

 

引退試合で決勝のホームランを放った時に後藤選手と小池氏が抱き合った姿はとっても印象的でした。

 

関連動画:小池正晃氏の引退試合の動画はこちら(youtube)

 

こういう引退試合はいいですよね。

だから後藤選手にも引退試合には松坂大輔選手が出てもらって、

後藤選手がホームラン打って松坂選手と抱擁する感動的な試合になってもらいたいですよねー!(願望)

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

 

いかがだったでしょうか。

今回は横浜DeNAベイスターズの後藤武敏選手について取り上げました。

 

最後の引退試合は必見です。

松坂世代の選手がまた一人ユニホームを脱ぐのは悲しまれますが、

ファンの人もそうでない人も9月22日の試合は観戦しましょう!




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です